肩こりの原因別解消法をしっかりと学んで毎日元気に
37views

肩こりの原因別解消法をしっかりと学んで毎日元気に

肩こりというのは様々な原因があるのでまずはそれを学んで肩こりの原因別解消法を知りましょう。内的な疾患・外的な損傷などが原因の場合にはまずお医者さんに相談をしましょう。それ以外の筋肉由来であったり姿勢やデスクワークなどの場合にはこまめに肩こり体操をするのがお勧めです。

肩こりは地味ですがほっておくと治らない

肩こりは地味ですがほっておくと治らない

皆さんは健康の問題などを様々に抱えていたり悩んだりしていると思いますが、重大な病気などはお医者さんに任せるとしても、日々の疲れからくる慢性的な健康の悩みというのは自分でできれば解決したいと思っていると思います。

そんな日常的な慢性的な健康の問題として多く上げられるのが肩こりの問題だと思います。誰しもが一度は悩んだことがある肩こりですが、こちらは頑固な肩こりにまでなると中々元に戻すのが難しく、人によっては重大な悩みに発展してしまいす。

そういうことにならないために、まずは肩こりの原因を理解して、肩こりの原因別解消法をしっかりと学んで行くのが大切なのです。

肩こりの様々な原因

肩こりの様々な原因

肩こりに限らず様々な健康の問題に関しては、まず内的な疾患などを疑ってみるのがいいでしょう。

肩こりというのは地味な問題ですが、ごく僅かに関節や脊髄や神経などの他にも内臓系の病気などが隠れいている場所がありますので、注意しましょう。具体的には頚椎ヘルニア・狭心症・気胸・胆石などの場所がありますので痛みが同じ所に出続ける場合や麻痺や痺れなどがある場合には医師に相談しましょう。

内的な疾患ではなかった場合は?

内的な疾患ではなかった場合は?

内的な疾患が除外されたらそれは典型的な肩こりという症状になるのですが、肩こりのタイプによっても原因が様々にあります。

一番に分かりやすいのは外的な原因であり何かにぶつけたり捻ったりした場合などです。こちらはとにかく安静にしているのが良いのですが、それ以外の肩こりにも様々な原因があります。

まずは肩回りの筋肉が強くないという原因があります。

こちらは男性よりかは女性の方が筋肉が弱いという体質がありますので、女性の肩こりに多い原因となっています。それに加えてデスクワークなどで同じ姿勢を取り続けるなど身体を動かず頻度がますます少なくなり、筋力が低下してしまい、ますます肩こりに悩まされてしまうのです。

目からくる肩こり

目からくる肩こり

デスクワークにも関わるのですが、パソコンなどの目を使う作業をメインにしている場合には眼精疲労や肩まわりの姿勢が固定されてしまうことにより酷い肩こりになってしまうというケースも多いのです。

こちらも女性が多いというイメージがありますが、男女問わず肩こりの大きな原因の一つだと言えるでしょう。さらに厄介なのが心因性の肩こりというのもあります。

こちらはデスクワークなどのストレスが肉体だけではなく精神的にも影響しているケースとなりますが、デスクワーク以外でも肩こりになる原因でもあるので注意が必要です。

肩こりの原因別解消法

肩こりの原因別解消法

以上に上げた原因から肩こりの原因別解消法を紹介していきたいと思います。

まず内的な疾患が疑われる場合にはお医者さんに、外的な原因としてぶつけたり捻ったりした場合にはアイシングや湿布などを使うか整形外科に相談をするのがいいでしょう。

眼精疲労から来ている場合には、目を休めるために、定期的に例えば1時間毎には休憩をして、目薬をさしたり目の周辺のマッサージをしたりする習慣をつけましょう。

その他の肩こりの場合ですが、まずは筋力が弱い場合でもデスクワークが中心であっても、肩や首や肩甲骨の凝りを伸ばしたり回したりする等でほぐす、自分に合った肩こり体操を定期的にするのが望ましいです。こちらも1時間毎など時間を決めて、立ち上がったり肩こり体操をする習慣をつけましょう。

デスクワーク時の座り姿勢を正しく維持しましょう

また、肩まわりや背中の筋肉が衰えることで肩こりになっている場合には、デスクワーク時の座り姿勢を正しく維持するだけでも、衰えた筋力が鍛えられていきます。自分の姿勢を意識してみましょう。正しい姿勢は見た目も美しいですよ!

また、普段動かしていない肩回りの筋肉を動かすことでも、当然使っていないより鍛えられます。

なるべく浴槽に浸かり血行を良くして凝りをほぐしましょう

自宅でできるケアとしては、シャワーよりなるべく浴槽に浸かり血行を良くして凝りをほぐしましょう。

お風呂あがりにはまた肩こり体操やストレッチを行うのことで、疲れを取りリラックスして眠ることができるでしょう。そうすることで良質な睡眠がとれますから、さらに身体の疲労や機能が回復され、肩こりも解消されていきます。

いずれの肩こり体操をするときにも、ゆっくりと息を吐きながらやるのがコツです。息を止めてやってしまうと返って疲れが増してしまうので注意してください。

まとめ

このように肩こりには様々な原因がありますが、それに合った対処法を取ることで肩こりを少しでも軽くすることができるので頑張りましょう。

PR