右肩がこる!こんな時に考えられる原因と対処法について
161views

右肩がこる!こんな時に考えられる原因と対処法について

肩こりにも種類があり、どちらか片方だけがこる事があります。右肩がこる時は必ずなにか原因が潜んでいます。体は左右両方のバランスが取れていないとどこかに負担がかかったり支障が出たりします。右肩だけがこる時、どのように対処すべきかを紹介します。

右肩がこる、こんな時に考えられる病気の可能性について

肩こりになる原因もいくつかありますが、大抵の場合は同じ姿勢をとり続けたり、姿勢が悪く猫背や前傾姿勢になってしまったりする事で、肩や首周辺の血行が悪くなり筋肉が冷えこり固まってしまうのが大きな要因です。

こういう場合は単なる肩こりですから、出来るだけ方に負担をかけないよう改め、肩を温め血行を促進させるマッサージなどをすれば解消されます。

しかし単なる肩こりの場合は両方の肩がこりますので、どちらか片方だけという場合は何かの病気のサインである可能性も否定できません。

右肩がこる、こんな時に考えられる病気の可能性

私たちの体は離れている場所でも、神経で繋がっている場合があります。

離れている場所にこりや痛みがあっても、症状が出ている場所に問題があると思い込んでしまうため、本当の原因を見過ごしてしまいがちです。

右肩は肝臓や胆嚢と神経が繋がっている事から、右肩だけこるというような場合は肝臓に問題がある可能性も考えられます。肝臓は別名を沈黙の臓器と言われるように、病気や炎症が起きていても自覚症状が出にくいため気づかず見過ごしてしまう事が多いのです。

右肩だけこるというような場合は、肝臓からのサインと考える事もできます。

右肩がこる場合にやるべき事は?

右肩がこるからといって、即、肝臓のトラブルと判断するとは限りません。

例えば右利きの人は重い荷物を持ったり何かの作業をしたりする時に、どうしても利き腕の方が使いやすいので右だけを使ってしまう事があります。

意外と見落としがちなのが、寝ているときの姿勢です。

右側を下にしたほうが寝やすい場合は、無意識に右を向いて寝てしまうため、右肩に負担がかかり肩こりの原因を作っている可能性もあります。この場合は単なる肩こりや肩への負担が現にと考えられますので、負担を減らすように左も使うようにします。

意外と見落としがちなのが、寝ているときの姿勢

もしも右肩への負担を軽減させても、右肩がこるという状態が改善されない場合は、内臓のトラブルが原因となっている可能性が高くなります。

肩を温めてもマッサージをしても解消されない場合は、肝臓が原因となっているかどうか病院で検査を受けるのが一番確実です。右肩がこるという理由が肝臓にあったとしても、その全てが肝臓の病気のサインとは限りません。

病気までは行っていなくても、肝臓の機能が低下しているような場合は、体からのSOSサインと考えてみましょう。お酒の飲みすぎも肝臓に負担をかけますから、少しお酒を控えるなどして対処できます。

左右のバランスを意識しよう

人の体は左右対称になっています。利き腕や利き足は人により違いもありますが、例えば食べ物を噛む時に左右片方だけに偏って噛んでいると、噛合せに歪みが生じ、これも肩こりや頭痛の原因となります。

肩も左右のバランスが崩れると、肩こりや痛みという症状が現れます。常に左右両方のバランスを意識するだけでも、肩こりの予防はできます。

左右のバランスを意識しよう

左右のバランスを意識していても、右肩だけこるという場合は肝臓に何らかの問題が生じている可能性を考えてみましょう。ごく僅かなサインでも重篤な病気のサインである可能性は否定できません。

いつもと違うと感じる場合はそれが些細な事であっても、早めに原因を確かめ対処していく事が大切です。

PR