放っておくと肝硬変に!?ダイエットで脂肪肝になることもある!
214views

放っておくと肝硬変に!?ダイエットで脂肪肝になることもある!

肝硬変や肝がんの原因となる脂肪肝はお酒の飲みすぎの方や肥満、男性に多い病気です。ところが最近、お酒を飲まないスリムな女性にも脂肪肝が増えているのです。健康と美容のためのダイエットで脂肪肝になってしまうことがあるのです、ダイエット脂肪肝の3つの原因と、脂肪肝の予防と対策の方法をご紹介します。

脂肪肝ってどんな病気?

脂肪肝ってどんな病気?

脂肪肝とは肝臓に脂肪の溜まる病気で、肝臓の肥満とも言われています。アルコールの摂取が多い人や糖質の取りすぎの人に多く、圧倒的に男性に多い病気で男女比は9:1くらいです。

自覚症状はほとんどありません。放っておくと肝硬変や肝がんに進行することがあり、注意が必要です。

「私には関係なさそうな病気ね。」

実は最近、お酒を飲まない人や痩せている人、女性の脂肪肝が問題になっているのです。

女性には非アルコール性脂肪肝炎の方が危険!?

脂肪肝にはアルコールが原因のものと、アルコール以外の原因のものがあります。非アルコール性脂肪肝は女性に多く、特に30代以降の女性に好発します。

放っておくとやはり、肝硬変や肝がんになり、生命をも脅かします。

食べ過ぎや運動不足が主な原因?

非アルコール性脂肪肝の主な原因は食べ過ぎや肥満、糖質の摂り過ぎ、運動不足などです。生活習慣を改善したり、減量を行えば脂肪肝から回復することが期待できます。

痩せているのにどうして!?ダイエット性の脂肪肝

痩せているのにどうして!?ダイエット性の脂肪肝

ところが、近年驚くべきタイプの脂肪肝が増えているのです。ダイエットをしたお酒をあまり飲まない女性の脂肪肝です。スリムで美しい女性も少なくありません。

なんと、ダイエットで脂肪肝になることもあるのです。肥満や食べすぎが脂肪肝の原因なのに一体どうしたことでしょうか。

原因1.ハードなダイエット

断食や超低カロリーダイエットなどの極端な食事制限や、アスリート並の高度な運動は健康に良いどころか肝臓に負担をかけ、肝機能を低下させます。更には肝臓のたんぱく質を奪い、糖に変えてしまいます。

極端なダイエットや短期集中型のダイエットは避けましょう。

原因2.栄養の偏り

フルーツ系のダイエットなどは脂肪肝を育てているようなもの

肝臓の脂肪を分解するためにはたんぱく質が欠かせません。偏ったダイエットでたんぱく質が不足すると肝臓脂肪は分解や排出ができなくなります。

更に、脂肪肝に良くないのは糖質の摂りすぎです。たんぱく質が不足して糖質を摂りすぎてしまうフルーツ系のダイエットなどは脂肪肝を育てているようなものです。

原因3.リバウンドの繰り返し

ダイエットで脂肪肝になる一番大きな原因は痩せたり太ったりするダイエットとリバウンドの繰り返しです。

無理なダイエットでは原因1と2の理由により肝脂肪を減らすことはできません。肝脂肪はつきやすい脂肪なので、リバウンドを起こして急に太るときには増大します。

こうして、ダイエットとリバウンドを繰り返すたびにどんどん肝臓に脂肪がたまっていくのです。

ダイエット脂肪肝の予防と対策

こうして、ダイエットとリバウンドを繰り返すたびにどんどん肝臓に脂肪がたまっていくのです。  ダイエット脂肪肝の予防と対策

ダイエット脂肪肝の予防と対策はまず、上に挙げたような無理なダイエットをしないことです。

それから、ダイエット中でも脂肪を排出するたんぱく質はしっかり摂ることと、糖質を摂りすぎないことが大切です。

適度な運動も脂肪肝の予防と対策に大切です。食事制限だけのダイエットは控えましょう。ただし、ハードすぎる運動は脂肪肝の原因にもなります。

緑茶やブラックコーヒーを飲むと脂肪肝のリスクが減ります。ダイエットのお供にお勧めです。疲労や睡眠不足、ストレスも肝臓に負荷をかけます。

健康的な生活を送って脂肪肝から身を守りましょう。

PR