イライラと肝臓の関係とは?ストレスがたまりイライラすると自律神経が乱れ、なんと肝臓にも影響が!
2,260views

イライラと肝臓の関係とは?ストレスがたまりイライラすると自律神経が乱れ、なんと肝臓にも影響が!

イライラと肝臓の関係は、精神的にストレスがたまったりイライラすると、肝機能が悪くなってしまう傾向があります。また肝臓は人間の神経と密接な関係があるため、肝機能が悪くなると自律神経が不安定になり、睡眠障害になることもあります。

無関係ではありません!イライラと肝臓の関係

ストレスと肝臓の関係

イライラと肝臓の関係は無関係そうに思えますが、そうではありません。普段は肝臓の働きについては、全く気にされない方がほとんどではないでしょうか。

肝臓の働きは、胆汁を作り、小腸へ送ります。小腸の養分を流通させる働きがあります。細胞の毒素を尿素に作りかえ、体外へ排出させる働きがあります。肝臓は3千億個の細胞で構成されており、なんとその重さは1.5キロもあるのです。
肝臓は手術などで8割程度切られたとしても、約半年後には元の大きさへ戻ることが出来ます。スーパー臓器でもある肝臓ですが、実は現代人の25パーセントが肝臓の疾患を抱えているのです。最近イライラすることが増えてきたなと思っているあなた、もしかすると肝機能が異常なのかもしれません。

男性の肝機能異常は、なんと3人に1人の割合でした。

肝機能異常は、男性の場合もっと深刻な問題でもあります。なんと男性の3人に1人の割合で肝機能異常の問題を抱えているわけなのですから。

怒りっぽくなったりイライラすることはありませんか?

ストレスと肝臓の関係イライラする感情

何故、肝臓機能に異常が現れると、精神的にイライラするのでしょうか。その理由は、人の神経細胞は肝臓と密接な関係性があるからなのです。特に精神的に不安定になると、自律神経が乱れるため、さらに肝臓の機能弱まるという悪循環の輪から抜け出せなくなってしまいます。

他にもこんなサインがあります。

肝臓機能が低下すると、イライラする他にも様々な症状がでてきます。顔や手足の裏、体中が黄色くなってきます。自律神経失調症になるため、睡眠障害が出てきます。夜眠れなかったり、昼間眠くなったりします。ちょっとしたことで怒りやすくなります。右の肩がコリが酷くなります。白目の部分が黄色くなります。

自覚症状があれば病院へ

肝臓病は自分で自覚症状を感じるようになってきた頃には、かなり症状が進んでいることが多い傾向があります。自覚症状があればすぐに病院へ行きましょう。病院での検査は、血液検査、超音波検査、MRI検査を行います。検査結果で異常が認められたら、肝臓の一部を採取して肝生検を行います。肝臓病には、肝炎、肝硬変、肝臓がんなどがあります。

肝臓病を予防するためにできること

ストレスと肝臓の関係予防方法

肝臓病にならないように、日常生活で予防できることがあります。それは、甘いものを食べ過ぎないこと、野菜をたくさん食べるようにすること、運動を毎日行うことです。

ストレスも肝臓には悪い!

ストレスも自律神経を不安定にさせる要素であるため、なるべくストレスをためないようにしましょう。毎日ストレスがたまる環境下であるのならば、ストレスを発散できるような趣味を持つのもお勧めです。

なるべく怒ったり、イライラしないようにコントロール

ストレスと肝臓の関係感情コントロールで予防

精神的にイライラしたり、些細なことで怒ったりすると、肝臓機能が悪くなってしまいます。肝臓の方では、胆汁が大量に出てしまうので、肝機能が悪化します。自分でなるべく精神状態が穏やかになるように、コントロールすることも大切なことです。

朝食は軽めに、昼食、夕食は腹6分目に

肝臓は起きた時は排泄期に当たるため、朝食は軽めに取るようにしましょう。食べ過ぎると肝臓に負担がかかるので、腹8分目ではなく、ちょっと物足りないなと思うぐらいの6分目ぐらいに押さえておきましょう。

PR