肝臓が悪いと臭うのは一体何が原因!?お酒以外にも脂質の摂り過ぎも注意
87views

肝臓が悪いと臭うのは一体何が原因!?お酒以外にも脂質の摂り過ぎも注意

清潔にしているのに、身体から臭い匂いがした場合、その原因は肝臓にあるかもしれません。肝臓が悪いと臭うのは、肝臓機能が低下しているからかもしれません。原因は飲酒や喫煙の他にも、栄養バランスの悪い食生活や便秘などがあります。肝臓機能を高めるには、栄養バランスのよい食事や睡眠時間をしっかり取ることです。

肝臓が悪いと臭うのは一体何故?

こんな匂いに注意しましょう。

こんな匂いに注意しましょう。

きちんとお風呂に入ったにも関わらず、身体が匂ってしまう場合には、肝臓の機能が低下している可能性があります。まるで雑巾のような匂いやアンモニアのような匂いがした場合、肝臓の機能が低下している恐れがあります。

どうして臭い匂いがしてしまうの?

どうして臭い匂いがしてしまうの?

身体の中では有害な物質が毎日発生しています。

その有害物質を肝臓が毎日解毒していますが、肝臓機能が低下してしまうと、その有害物質を処理する力がだんだん弱くなり、解毒出来なくなってしまうと、有害物質の匂いがそのまま体臭として発生してしまうのです。

つまり肝臓が悪いと臭うのです。

肝臓機能が弱くなる原因はお酒だけではありません

有害物質の代表と言えばお酒とタバコです

有害物質の代表と言えばお酒とタバコです

有害物質の塊でもあるお酒とタバコは、肝臓が解毒するのにかなりの負担を強いられます。

便秘の長期化も原因の一つです

便秘の長期化も原因の一つです

肝臓が悪いと臭う原因の一つには、便秘があります。

また便秘が長期化すればするほど有害物質がどんどん溜まっていく原因となるため、肝臓にも負担がかかってしまうのです。

ダイエットが原因ということもあります

ダイエットが原因ということもあります

ダイエット中はエネルギー不足になりがちです。

特にご飯やパンなどの炭水化物抜きダイエットをしていると、糖質が全く身体に入ってこない状態となってしまうため、身体は飢餓状態であると判断します。

そのため、肝臓にあるグリコーゲン成分を糖質に変えて活動エネルギーとさせます。肝臓に負担がかかることにより、身体の毒素を排出することが出来ないため、臭うようになってしまったのです。

脂肪分が多い食事にも要注意

脂肪分が多い食事にも要注意

ステーキや焼き肉など脂肪分が多い食事も肝臓機能を悪化されてします要因です。

沈黙の臓器!気が付いた時にはかなり悪い状態に!

体調の異変に早く気がつきましょう

肝臓機能が悪くなってしまっても、なかなか自覚症状がないので、気がついたら肝臓がかなり悪い状態だったという場合もあります。

病院へ行ってみたら肝臓に炎症が起こっていて、肝機能が炎症を起こしていてかなり悪い状態だったという場合もあるので、普段からちょっとした不調にも気を付ける必要があります。

肝臓が悪いと臭うのは、かなり深刻な状態になっているので、病院で診てもらう必要があります。

肝機能低下を予防する方法があります

肝機能低下を予防する方法は、やはり普段から健康的な生活をすることが一番の方法でしょう。

禁煙、禁酒、睡眠時間をしっかり取ること、バランスのよい食事を摂ることが大切です。

睡眠不足状態は肝臓に負担をかけることになります。就寝する時はなるべく午後10時から午前2時の時間帯には寝ましょう。成長ホルモンが分泌されている時間帯なので、この時間帯に眠ることで肝臓の回復も行われています。

肝臓に負担のかからない食事とは

肝臓に負担のかからない食事とは

肝機能を高めるには、肝臓に負担がかからない食事を心がけましょう。

暴飲暴食は絶対にしてはいけません。毎日がごちそう続きだと、さすがに肝臓の処理能力を超えていってしまいます。そのため、肉を食べるよりは魚を食べましょう。フライや天ぷらなどの揚げ物料理よりも、焼く料理を選択しましょう。外食をするときは、なるべくヘルシーなメニューを選ぶとよいでしょう。

PR