C型肝炎の感染におけるその症状と感染経路は?感染したらどうすればいい?
112views

C型肝炎の感染におけるその症状と感染経路は?感染したらどうすればいい?

C型肝炎の感染が疑われる場合は、まず完成経路を確認し、その後どう対処すべきか早めに対応する事が大切です。自力では解決できませんが感染しているかどうかの検査が可能です。知らずに感染しているケースも多いため感染リスクが高い人についても紹介しておきます。

C型肝炎の感染とウイルスの正体について

C型肝炎は、C型肝炎ウイルスに感染する事によって発症します。

その名前からも想像できるように、感染すると肝臓に炎症が起きるため放置しておくと肝臓の機能が低下するだけでなく、肝硬変や肝臓がんというリスクも高まっていきます。

肝臓は別名を沈黙の臓器と言われる事もありますが、これは何らかの病気になっていても発見しにくいからです。C型肝炎の感染があっても、初期にはほとんど自覚症状がないのも厄介なところなのです。

C型肝炎の感染とウイルスの正体について

感染経路は空気感染や経口感染は無く血液感染のみとなります。普通に生活している限り、C型肝炎患者と接しただけでは感染しませんが、出血が起こるようなシチュエーションの場合、傷がある人が知らずにC型肝炎患者の血液に触れてしまうと、傷口から感染してしまいます。

C型肝炎の感染を調べるウイルスチェックを受けてみよう

C型肝炎の感染経路は血液感染のみとなっていますが、自覚症状がほとんどないため感染していても気づかずに過ごしている人もいます。例えば感染している事に気づかず献血をしてしまい、その血液を輸血したり、血液製剤を作る時に使用したりすればどんどん感染が広がっていきます。

実際に知らずにいた事で感染を広げてしまった例も報告されています。自分では気づかないうちに感染している可能性はありますが、検査をすればすぐにわかります。

ウイルスチェックを受けてみよう

C型肝炎の検査は各自治体の保健所にて検査が可能です。検査に関しては特に対象年齢などの条件はなく、誰でも検査してもらえます。自治体による違いもありますが、原則として保健所での検査は無料となっています。もしも病院での健康診断や肝臓検査を受けて、C型肝炎の可能性がある場合は、医療機関での検査という方法もありますが、この場合は健康保険適用範囲内で検査できます。

C型肝炎の感染リスクが高い人

C型肝炎の感染があった場合でも自覚症状がないため、何らかの症状が出た時には、かなり症状が進行しているケースが多くなります。

C型肝炎の感染経路は血液感染のみとなりますが、仕事や病気の治療で感染するリスクが高い人もいます。注意していても知らない間に感染してしまう事もあるため、感染リスクが高い人の条件も紹介しておきます。

C型肝炎の感染リスクが高い人

C型肝炎の感染リスクが高い人は、感染経路から血液に触れたり、何らかの理由で人の血液を提供してもらったりするというケースです。

過去に大量出血を伴うような怪我や手術をして、その時に輸血を受けた事がある人。大量出血を起こすと輸血が必要となりますが、輸血用の血液にC型肝炎患者の血液が混ざり込んでいた例もあります。出産時にも大量出血を起こす事がありますが、以前出産時の輸血に使用された血液から感染した例も報告されています。

該当する人で一度もC型肝炎の検査を受けていない人は、念のため検査を受けたほうがいいかもしれません。

フィブリノゲン製剤もしくは血液凝固因子製剤の投与を受けた人の中にもC型肝炎に感染したというケースがあります。臓器移植を受けた事がある、長期間人工透析を受けていた人などもリスクが高くなります。一般的には数は少ないものの、タトゥーやボディピアスをする時の針を使いまわしたり、薬物を使用する時の注射針の使い回しをしたりなどでも感染リスクは高まり、実際に感染したケースもあります。

PR