風邪か肝炎かの見分けの付け方は?大事に至る前に対策をすることが大切!
173views

風邪か肝炎かの見分けの付け方は?大事に至る前に対策をすることが大切!

体調が悪くなったときに、風邪か肝炎か分からない時ってありませんか?風邪かと思って放置していたら、急性肝炎で大変なことになってしまったというケースもあります。風邪と肝炎、それぞれ出る症状が違うのでしっかりと見極めることが大切です。最近、体調がなんだか悪い・・・そんな人は、注意が必要!

風邪か肝炎か分からない・・・見分け方は!?

怖い急性肝炎!

風邪と急性肝炎は症状が似ている普段、体調が悪くなってしまった時、ただの風邪と思い込み、あまり気にしていない方も多いと思います。風邪と急性肝炎は、症状が似ているため、素人の判断では、見分けるのが難しいことがありますが、唯一の見分け方があります。それは、急性肝炎では、黄疸が出ることです。黄疸が出て急性肝炎と分かり、急いで病院に駆け込む方も多いです。急性肝炎になると、黄疸以外にも少し濃い色の尿が出たりすることがありますが、これらは、普段から気を遣って尿の色を見ていないとなかなか気が付かないですよね。黄疸の症状が出始めたら、すぐに病院を受診するように心掛けて下さい。では、次に急性肝炎の症状を解説していきます。

急性肝炎の具体的な症状は!?

何か気になる点があればすぐに病院を受診すること先ほど、風邪と急性肝炎は、症状が似ていると解説しましたが、急性肝炎になってしまったときは、具体的に食欲不振、微熱が長期間続く、体が重い、吐き気を催すなどの症状が出ます。また、黄疸が出ることが特徴的です。夏場など、特に夏バテで食欲が落ちたり、体がだるかったりすることもありますが、微熱が続いたり何か気になる点があれば、すぐに病院を受診することをオススメします。

急性肝炎とは、肝臓がウイルスに感染してしまうことで、肝細胞が壊されてしまう病気です。仕事でのストレスが溜まっていたり、抵抗力が落ちているときに感染しやすいので、普段から体のケアをしっかりとしてあげることが必要になります。特に会社の飲み会が続いたり、過度の喫煙などで肝臓など体に負担を掛けてしまうと、感染のリスクが高まってしまいます。お酒が好きな方は、ついつい毎日アルコールを飲んでしまいがちですが、必ず休肝日を作るように心掛けましょう。また、日本人は、体質で欧米人に比べて、アルコールにあまり強くない人が多いとされています。ストレス発散にアルコールを飲む方も多いと思いますが、肝臓に負担を掛けてしまい、急性肝炎の間接的な原因になってしまうのは、もちろんですが、その他の肝障害などを引き起こしてしまう原因にもなるので、注意するようにして下さい。

肝臓に良いとされている食べ物は!?

急性肝炎にならないためには、毎日規則正しい健康的な生活を送ることが一番大切ですが、やはり肝臓にも普段から、気を遣ってあげることが大切です。では、ここで肝臓に効く食べ物をいくつかご紹介します。

代表的な食べ物はレバーまず代表的な食べ物は、レバーです。レバーを食べることで肝臓が元気になりますよ。また、レバーは、貧血予防にも適しているので、女性に特にオススメしたい食材の1つです。次にオススメなのが、意外とも思われるかもしれませんが、ピーナッツです。ピーナッツは、栄養価が高く、ビタミンなどが豊富に含まれているのは、もちろんのことですが、肝臓の解毒作用があるとされています。飲み会が続いて肝臓に負担をかけてしまっていると思ったら、ピーナッツを食べるようにして下さい。ピーナッツは、おやつとしても手軽に食べられますし、手も汚れないので、仕事の休憩中や家でテレビを見ている時などにもつまんで食べるようにして下さい。

PR