女性なら見逃せない!将来、不妊のリスクを高めてしまう子宮内膜症の予防方法ってあるの!?
102views

女性なら見逃せない!将来、不妊のリスクを高めてしまう子宮内膜症の予防方法ってあるの!?

子宮内膜症という病気を知っていますか?その特徴的な症状として生理痛があります。子宮内膜症は放置しておくと、不妊にもつながります。子宮内膜症の予防になるとされていることもあります。未来の自分のために子宮内膜症についてきちんと知っておきましょう。

子宮内膜症ってどんな病気?

520d8a93a7a809a56457f28dfad769f3_s

本来、子宮の中にのみ存在しているはずの子宮内膜が何らかの原因によって子宮以外の場所に運ばれ、そこで増殖してしまう病気のことです。他の場所にできてしまった子宮内膜も月経のときに剥がれ落ちて出血します。このときに痛みなどの症状を伴うのです。
子宮じゃなくても子宮内膜がある場所で月経が起こっている、というイメージです。

月経を繰り返すたびに子宮内膜症は進行していく

逆に、妊娠している間は月経がないため子宮内膜症の進行は抑制されています。昔の女性は初潮があったら早いうちから妊娠・出産を繰り返す人が多かったので子宮内膜症になるヒマがなかったようです。
晩婚化により初産の年齢も高くなってしまいがちな現代では子宮内膜症のリスクが高くなってしまいます。子宮内膜症はある意味、現代病のひとつといってもいいのかもしれません。

子宮内膜症にはどんな症状があるの?

月経痛(生理痛)がひどい

子宮内膜症の症状

子宮内膜症の患者さんはそのほとんどの人が症状として月経時の強い痛みを訴えます。月経を繰り返すことで子宮内膜症は進行していくのに合わせて痛みもだんだんひどくなっていきます。
子宮内膜症に伴う痛みには生理痛以外にも、下腹部や腰・頭、排便時などの痛みを訴えることもあります。

私の場合は出産前は生理痛がひどく、吐き気も伴っていましたが、出産後は嘘のようになくなっていました。しかし、数年後に受けた婦人科検診で子宮筋腫と子宮内膜症のひとつである子宮腺筋症との診断を受けました。
今から考えてみれば、以前の生理痛も子宮内膜症が原因のものだったのかもしれません。2人の娘たちは1歳10ヶ月違いで、ほとんど立て続けに妊娠・出産を繰り返した状態になっていたので、子宮内膜症が多少抑制されていたためしばらくの間は生理のときも楽に過ごすことができたのかもしれません。

月経の際の出血の異常

出血量が増えてしまって、それまで使っていたナプキンではどうにも間に合わなくなってしまうことがあります。また、レバーのような塊が見られるようになります。
私も一時期、出血量が非常に多いときがあり、それまで使っていたナプキンでも間に合わなくて、交換する回数を増やして対応していた時期がありました。
婦人科の医師から子宮腺筋症の指摘を受けたばかりだったので、これかな・・・と思って過ごしていたのを覚えています。

子宮内膜症を予防することはできるの?

どうしておこるのか原因がはっきりしていない子宮内膜症の予防は難しいと言われています。しかし、意外な方法で子宮内膜症を予防できるとする考え方もあります。そのひとつが・・・

ピルを服用する

子宮内膜症を予防するにはピル

月経のたびに子宮内膜症は進行してしまいます。逆に、妊娠・出産・授乳の期間は月経がないために進行を抑制されています。このことからピルを使って私たちの体を妊娠している状態と同じにすることで予防・抑制を行うというものです。
実際、月経痛がひどくて子宮内膜症を心配していた女性が医師の診察を受けた結果、子宮内膜症ではなかったけれど予防するためにピルを服用しているケースもあります。

ピルはホルモン剤であることから、それをずっと飲み続けることへの不安などもあります。しかし、子宮内膜症を予防することができるかもしれないひとつの手段として考えることはできるのかもしれません。
いくら予防とはいえ、いきなり最初から薬に頼ってしまうことに抵抗を感じてしまうこともあるかもしれません。もちろん、薬を飲むこと以外でも予防とまではいかなくともリスクを少しでも軽減するために役立つことはあります。

生理中の性行為を避ける

子宮内膜が子宮以外に広がってしまう原因のひとつとされているのが、経血の逆流です。カップルによっては生理中でも気にせずふたりの時間を楽しんでいる人がいるかもしれませんが、経血の逆流を招かないようにするという点から生理中の性行為を控えることにも少なからず意味はあります。

体を健康的に保つようにする

不規則な食事、生活リズムになりがちですが、それをきちんと正すことも子宮内膜症の予防に効果的と言われています。

子宮内膜症は最悪の場合、不妊の原因にもなってしまいます。妊娠・出産を考え始めるよりも前、10代~20代でも発症してしまうため、放置していた結果、不妊に悩まされてしまうケースも少なくありません。いつか妊娠を望んだときに不妊で苦しむなんてことがないように、何だか変だなと感じたら早めに病院に行くことが最も重要なことだといえます。

PR