どんどん増えている!?子宮内膜症の症状や原因、対処方法などについて!
463views

どんどん増えている!?子宮内膜症の症状や原因、対処方法などについて!

女性ならではの病気の一つに子宮内膜症というものがあります。この子宮内膜症は細菌どんどんなってしまう女性の数が増えてきてしまっているようです。赤ちゃんを産むために健康な子宮は欠かせません。子宮内膜症の症状やどうしてなってしまうのか、なってしまったらどうするのかという点についてまとめました。

もしかしたらそれって子宮内膜症の症状かも・・

生理痛がどんどんひどくなるのは子宮内膜症かも

強い生理痛に悩まされている女性の方は多いと思います。どんどん強くなってしまったり、痛み止めの薬を飲んでも効かない場合には子宮内膜症の可能性があります。思いあたる節のある方は病院で検査を受けてみて下さい。

子宮内膜症っていったいどのようなもの!?

経血が逆流

子宮内膜症は、20代から30代にかけての女性に多くみられる子宮の病気の一つです。女性であればだれでもなる可能性がある病気です。子宮内膜症は、生理の時に排出される経血が逆流することによって引き起こされます。経血は通常子宮口から排出されますが、一部が卵管を通って逆流してしまうことがあります。逆流した経血は出口を失い子宮の中にとどまり続けてしまいます。とどまった経血は子宮の内膜と同じ組織を持つ細胞をとどまっている場所に広げていきます。これが子宮内膜症と呼ばれている病気です。

子宮内膜症になるとどんな症状があらわれるの?

一番わかりやすい症状は生理痛!

子宮内膜症の中で一番わかりやすい症状は生理中の腹痛です。生理を重ねるごとに強くなったり、異常に強い腹部の痛みを感じる場合には子宮内膜症である可能性が高いです。もちろん症状には個人差があるので全く痛みを感じない方もいますが、大体の場合が腹部に痛みを感じます。生理中の出血が増える場合や、生理中の排便時に痛みを感じたりすることもあります。いつも飲んでいる痛み止めの薬が効かなくなるのでそれで気が付くこともあります。

頭痛や吐き気などを伴っているときには要注意!

生理で腹痛だけでなく吐き気や頭痛がある場合には要注意

腹部の痛みだけでなく頭痛や下痢などを伴う場合もあります。その場合には子宮内膜症が進み重症化している可能性があります。吐き気や嘔吐をしてしまう場合や熱が出てしまったりする場合も同様に重症化している可能性があるので要注意です。

子宮内膜症になりやすい人はこんな人!

子宮内膜症になる人はジワジワと増えています。それは、生理を迎える時期が早まり、閉経の時期が遅くなっていることによって生理になる期間が長くなっていることが原因として考えられます。子宮内膜症になる原因ははっきりとはわかっていませんが、高年齢のかたやストレスを高く感じている方が発症しやすいというデータが得られています。

子宮内膜症になったらどのような治療が行われるの?

薬やホルモン剤などで治す薬物療法!

子宮内膜症の治療は薬や手術

子宮内膜症で多い治療法は薬物を用いた療法です。痛みを止める鎮痛剤を使って治療する場合やホルモン剤を使った治療があります。ホルモン剤を使った治療というのは、子宮内膜症を引き起こす原因とされているエストロゲンの働きを抑えることによって治療を行うものです。黄体ホルモンを体に入れたり、低用量ピルなどを使って、体をいわゆる妊娠している状態を作り出したり、薬物を使って閉経の状態を作り出すことによって行います。副作用として更年期症状に似た症状があらわれたり、ニキビなどができやすくなるというものがあります。

重症の場合は手術が行われます!

ホルモンをコントロールする治療でも症状の緩和が見られない場合や、重症の子宮内膜症の場合は手術によって治療が行われます。子宮内膜症の手術はお腹に小さな穴をあけてそこから中に溜まった経血を取り除いたり、癒着してしまった臓器をはがしたりします。再発の危険性はありますが、早く症状を緩和させることができます。

PR