休薬期間中に…ピルで生理こないときでも○○してはダメ!すべきことは?
75,553views

休薬期間中に…ピルで生理こないときでも○○してはダメ!すべきことは?

ピルには毎月7日間の休薬期間があり、普通はそのときに生理が起きます。ピルで生理こない!と焦っているあなたへ。ピルで生理が来ないよくある原因とそのときに絶対にやってはいけないこと、すべきことをお知らせします。実はピル中の生理は普通の生理とは違うって知っていましたか?

ピルの休薬期間の生理は生理ではない!?

ピル服用について

ピルには中容量ピル、低容量ピル、最近認可された超低容量ピルがあります。子宮内膜症や月経困難症などの治療目的で飲む方もいますし、避妊のために飲む方もいますが飲み方は一緒です。

21日間ホルモンの入ったピルを飲み、7日間は休薬期間といって、何も入っていない偽薬を飲むか、お薬をお休みします。
この休薬期間中に通常生理が来ます。

あまり知られていないのですが、実はピルの休薬期間中の生理は本当の生理ではありません。ピルには排卵を抑える効果があります。ですからピル服用中は子宮内膜が通常のように厚くならないのです。
ピル服用中の休薬期間の生理は余分な子宮内膜が剥がれる消退出血だけということになります。

消退出血は来なくても大丈夫?

ピルで偽薬を飲んでいるときになかなか生理が来ないと心配になります。ピルで生理こない、と慌てる一番多いケースです。生理がごく少量で終わってしまう場合もあります。

まず、ピルを飲んでいる場合は排卵をしていないので消退出血が少ないのが普通です。普段の生理と違って少なかったり短かったとしても異常ではありません。

そして、子宮内膜が厚くならないので量が減るだけではなく、時々生理が来なくなることもあります。これを俗に「生理が飛ぶ」といいます。基本的にピルをきちんと飲んでいるときにときどき生理が飛ぶことは異常ではありません。

生理が飛んだときにしてはならないこと、すべきこと

ピルの服用は自己判断ではいけない

休薬期間に生理が来ないと、特に服用歴の短い女性は、「ピルで生理こない!」と焦りがちです。
まず焦ってはいけません。これまで触れたとおり、ピル服用中に生理が飛ぶのは健康な女性でもよくあることです。

生理が飛んだときに絶対にやってはいけないことがあります。それは不安のあまり、勝手にピルを中止したり、休薬期間を延長することです。特に避妊目的で服用されている方は、勝手にピルのお休みを延長している隙に排卵が起こってしまうこともあります。そうなると、正しい避妊効果は得られません。
生理が飛んでも予定通りピルを服用してください。

すべきことは生理が飛んだ場合はピルを処方している医療機関に相談することです。通常は1回くらい生理が来なくても問題はありませんが、場合によっては問題になることもあります。特に2シート以上続けて来ない場合は必ず相談しましょう。

ピルは病院で処方してもらうのがお勧め

ピルは病院で処方してもらいましょう

最近は医療機関にかからず海外などからピルを購入する女性も増えていますが、いざというときのためにやはり日本の医療機関で処方してもらうことをお勧めします。

ピル自体の価格は病院で処方してもらっても個人輸入をしてもそれほど変わらないか安いくらいです。
病院に行くと診察料や検査費用などが余計にかかりますが、問題があった場合の安心感を考えると決して高くはありません。また、避妊目的ではなく治療目的の場合は保険も効きます。

もし、個人輸入などでピルを服用してしまった場合でも、消退出血が2シート以上来なかったり、脚の痛みや激しい頭痛など、おかしいと思うことがあれば遠慮せずに婦人科を受診してください。

PR