あれ?生理がこない!妊娠はしていないのに生理がこないのは病気なの?!
285views

あれ?生理がこない!妊娠はしていないのに生理がこないのは病気なの?!

生理はちゃんときていますか?妊娠も考えられないのに生理が来ないからといってほっといてはいませんか?生理がこないのは病気かもしれません。きちんと原因をさぐり見つけ、それにあった対策をしていきましょう!!

生理が来ないからといってほっといてはいませんか?もしかすると体から何かSOSが出ているのかもしれませんよ!

生理がこないのは病気なの?

生理がこないのは病気なの?

どれくらい生理がきていませんか?月経周期というのは、月経がはじまった日から次の月経がはじまる前日までの日数を数えます。その期間が、「25日間から38日間」であれは正常であると考えられています。そして毎月まったく同じ周期という人もまれなので、この期間前後であるかどうかをチェックしてみてください。

それでは、月経がない・生理がこないのはどのようなことをいうのでしょうか。確かに月経期間が39日以上開く場合は「希発月経」といい、これでも少し心配なのですが、さらに心配とされているのが「無月経」と言われるものです。

「無月経」ってどういう状態なの?

基準は3か月月経が来ない場合を「無月経」といいます。
生理が来ないと「ちょっと楽チンかも!」と放置してしまっている人もいるかもしれませんが、女性は生理が始まってから閉経近くになるまで毎月生理は来るものなのです。来ないというのは何かしら原因があるからということになります。

生理が来ない原因ってなに?

その原因は様々なことがありますので考えられる一つ一つをチェックしていきましょう。

ストレスを感じて生活をしている。

ストレスを感じて生活をしている

ストレス何か抱えていませんか?
心的ストレスであったり、身体的ストレスだったりとストレスといってもさまざまな要因があります。学校や職場での人間関係であったり、仕事などでかかってくる過度のストレスでホルモンバランスに影響を受け、生理にも影響してきます。

他にも過度なダイエットはしていませんか?極端に食べる量を減らしたりすると身体的ストレスとなってきますし、「食べたらダメ!」という気持ちが大きすぎることで心的ストレスがかかってしまい、これもまた生理に影響してしまうのです。

不安定期にさしかかっている

まだ生理が始まりたての思春期の女子や更年期に注意!
成熟しきっていない女子や更年期といわれる時期の女性はホルモンバランスが乱れがち。そうするとどうしても生理不順になりやすい状態になってしまいます。

何かしら薬を服用していませんか?

飲んでいる薬の副作用かもしれません

飲んでいる薬の副作用かもしれません。
薬をのんで生理がこなくなるといった説明はうけましたか?そのようなことがない限り薬を飲むことによって生理不順になるということはおかしいです。ですので、こんなときは薬の服用をやめ、処方してもらった病院へ行き確認をするか、市販の薬である場合は医師、薬剤師にしっかりと相談してみるほうがいいでしょう。

生理がこない、生理不順のときは必ず病院へ受診を!!

またすぐに来るし大丈夫♪なんて軽く考えるのはNGですよ。先ほど無月経とは3か月生理がこないこといいましたが、病院を受診するタイミングは60日を超えたときは必ず医師のチェックを受けることをオススメします。明らかに月経期間が長すぎるので、なにかしらの体調不良のサインであることが考えられます。

生理不順であることで引き起こされる病気があります。それが「不妊症・ 子宮筋腫・子宮内膜症・子宮内膜増殖症・子宮内膜炎・子宮膣部びらん・クラミジア頸管炎・子宮頸管ポリープ・子宮内膜ポリープ・子宮頸がん・子宮体がん・若年性更年期障害」とこんなにもあるのです!特にこれから妊娠を考える人たちにとって不妊症となるのは気になるところだと思います。

他に生理不順で考えられる病気もあります。それは「多のう胞性卵巣・高プロラクチン血症」などです。これらは完全に生理不順で体がSOSのサインを出しているということになりますので、早めの受診をするほうがいいですよ。

PR