生理の血が黒い原因は何か。黒いと必ず病気?
817views

生理の血が黒い原因は何か。黒いと必ず病気?

生理の血が黒い原因には、問題ない場合もあれば、病気の場合、はたまた妊娠初期と様々な原因が考えられます。原因としてどんなものがあるかを知っておくだけでも、いざというときに慌てずに対処できるのが便利です。

生理の血が黒いときの病気の可能性

生理の出血の色が黒

生理の血が黒い原因として考えられることとして、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が挙げられます。卵巣や子宮にできるポリープや卵管の癒着なども、可能性があります。他にも可能性のある病気はあるのですが、いずれにしても婦人科で診療を受ける必要のある病気であることには違いありません。生理の血が急に黒くなってきたと感じたら、検査を受けてみることをおすすめします。

加齢によって、生理の血が黒くなることもあります。ただ、これも当たり前と考えるのは危険です。年を重ねたことにより、子宮や卵巣にトラブルが生じているのかもしれません。問題あるかないかを判断するのは素人には難しいため、日頃からかかりつけの婦人科を作っておき、いつでも何でも相談できるような関係を築いておくと安心です。

妊娠初期の出血自体はよくあること

妊娠初期、あるいは妊娠中には多くの女性が出血を体験しています。いずれも問題ない場合が多く、慌てないことが大切です。特に妊娠初期には出血を体験しやすいもの、まずはその色に注目してみましょう。薄い色でサラっとした状態の血なら、心配いらない場合が多数です。

なぜ妊娠で出血が起こるのかといえば、着床や胎盤を作るために子宮内膜の血管がダメージを受けるからです。通常は出血はすぐにおさまるため、問題ありません。しかし、中には子宮外妊娠や胞状奇胎、びらん、膣炎、ポリープなどになっていることもあります。そのため、出血があったら、放っておかずに婦人科で診てもらうようにしましょう。問題なければ安心ですし、問題があればすぐに治療を受けられます。

胞状奇胎が原因の黒い出血

胞状奇胎の可能性

妊娠すると、受精卵から子宮に根を張るじゅう毛という突起物が出てきます。じゅう毛が異常に繁殖してしまうと、胞状奇胎という状態になります。これは受精卵が染色異常を起こしている状態のため、このまま正常な発育は望めません。そのため、子宮内にあるものを取り除く必要がありますが、胞状奇胎の兆候となるのが妊娠初期の黒い出血であることが多いのです。

黒い出血ではない不正出血でも、注意の必要がある場合はあります。子宮外妊娠のときは、鮮血がどっと出ることが多いのですが、これをよくある出血と見過ごすのは危険です。子宮内膜以外で受精卵が着床したことにより、卵管の破裂などに至ると、母体すら危険な状態に陥ります。だからこそ、どんな出血にも医師に診断してもらったほうがいいのです。

正常な状態の経血を把握しておく

自分の通常の生理について把握する

妊娠しているときの出血はあれ?と思うことができますが、妊娠していない人にとって生理の血が黒いとしても見過ごしてしまう可能性が高いです。婦人科に行き慣れている女性は少なく、毎月のように黒い経血を見ていても、生理が終わったら忘れてしまう人も多いのです。
しかし、病気によっては激痛を感じて病院に運ばれることもあり、そのときになって後悔しても遅い場合があります。取り返しのつかないことにならないように、正常な経血の状態と自分の生理の血の状態を比較するクセをつけましょう。

正常な状態とは、鮮血よりやや濃い目の色で少し粘り気がある状態。入浴したときなどに、触ってみて粘度を確認してみるのもいいでしょう。異常は、少し感じたときでも婦人科へ行くことを胸に刻んでください。

PR