子宮頸がんの症状は初期にはほとんど自覚症状がないので、定期健診が必要です。
117views

子宮頸がんの症状は初期にはほとんど自覚症状がないので、定期健診が必要です。

子宮頸がんの症状は早期には自覚症状がなく、症状に気づいた時にはすでに癌がかなり進行している状態であることもあります。また最近では若い人たちにも子宮頸がんが増えてきているため、定期健診を受けるようにしましょう。早期発見、早期治療を行えば、子宮を残すことも可能です。不正出血があれば病院を受診しましょう。

なんと早期はほとんど子宮頸がんの症状はない!

早期の子宮頸がんでは症状がほぼないため気づきにくい

子宮頸がんの症状は早期の時期にはほとんど自覚症状がないため、がんが進行しやすいのが特徴です。症状が進み、気が付いた時には、かなり進行しているケースがほとんどでしょう。

不正出血には要注意!

おりものや出血の症状が出たら要注意

子宮頸がんの症状はおりものが増えたり、不正出血が多くなったりします。進行してゆくと、下腹部に激痛が走ったり、排便や排尿をするたびに痛みを感じやすくなります。また尿が出にくくなったり、排尿後も尿が残っているような違和感も感じやすくなります。

40代から50代に発症しやすい!最近では十代でも!

子宮頸がんの罹患者の年齢が若い人にも広がっている

子宮頸がんは40代から50代に多いのですが、最近では十代から二十代にかけての患者数が増えてきています。子宮頸がんは、特別な病気ではなく、女性であれば誰もが発症しやすい病気でもあるのです。

なんと女性の八割がヒトパピローマウイルス感染!

子宮頸がんはヒトパピローマウイルスというウィルスが要因です。このウィルスは性交渉を経験した女性のほぼ8割が感染しているため、子宮頸がんは身近な癌であるとも言えるでしょう。

ヒトパピローマウイルスの種類はなんと百種類以上も!

ヒトパピローマウイルスの種類は百種類以上もあるのですが、そのうち十五種類のみが癌の原因となるウィルスです。感染後、ほぼ9割が発がん性のあるウィルスは自然に消滅するのですが、中には女性の子宮内で生存し続け、子宮頸がんに発達してしまうものもあります。癌化するまでの時間は長くて十数年かかることもあるため、定期的に検診を受けることによって発見することが出来るのです。

不特定多数の人と性交渉がある人は注意!

子宮頸がんの原因のヒトパピローマウイルスは性交経験があればほとんど感染
子宮頸がんは、がん化するのにある程度の年月が必要です。セックスの相手が特定の人であっても、相手が発がん性のあるヒトパピローマウイルスを持っていれば、うつることもあります。また恋人が何度も変わったり、不特定多数の人と性交渉がある方も子宮頸がん発症リスクは高まります。

早期に発見できれば、子宮の一部を切るだけで済む

子宮頸がんを早期に発見することが出来れば、子宮の一部を切るだけで、その後妊娠も出来るし、出産もすることができます。残念ながら、進行していた場合には、子宮や卵管、卵巣、膣などを切除し、他の部分に転移していた場合には、放射線治療や抗ガン剤治療を行う場合もあります。手術後の後遺症もあり、排便や排尿がしづらくなってしまったり、腸閉塞で命を落とすこともあります。

若い世代はワクチンで予防が出来る!

子宮頸がんはワクチンで予防することができます。日本でも2009年から一般の病院で予防接種を受けることができるようになりました。すでに性交渉がある女性の場合、ウィルスに感染していた場合には、有効性がありませんが、性交渉前の若い世代であれば、有効力があります。ワクチンは6カ月間の間に3回摂取することによってウィルスの感染を防ぐことができます。ワクチンの効果については、現在では9.4年程度とされていますが、それ以上については研究データーがないためはっきりと解りませんが、少なくとも20年間以上はワクチンの効果があるのではないかとされています。

PR