誰にも聞けなかった!不感症の治療方法を教えます!!
751views

誰にも聞けなかった!不感症の治療方法を教えます!!

好きな人と触れあっているのに全く感じないのが不感症。「もしかして私って不感症?」と感じている方、意外に多いようです。そんなアナタもあきらめないで下さいね。ここでは、不感症の治療法を紹介します。今まで誰にも聞けなかったと言う女子の皆さん、ぜひ読んで参考にして下さい。

不感症とは??

セックスしても感じないこと

不感症とは、セックスが嫌でしょうがない、体に触れられるのも嫌と言う性嫌悪症、挿入時に膣が濡れなかったり、セックスの最中に膣が硬くなり快感を得ることができない性興奮障害、セックスで一度もオーガニズムを感じたことがないと言うオーガニズム障害のどれかにあたる方のことを言います。

不感症は、圧倒的に女性が多く、なかなか相談できないことなので、自分だけがそうなのかも・・・と深刻に悩まれている方も多いようです。

woman-1148923_640

現在、あるデータによると日本人女性の16歳~49歳の2人に1人が不感症と言われていますが、実際に相談しにくいことなので、正確なデータは分かりません。しかし、多くの方が不感症で悩まれている現状があるようです。

不感症の治療法は??

「不感症は治らないもの・・・」とあきらめている方も多いようですが、実は、不感症の治療法はあります。ここからは、その治療方法を教えます。

クリトリス包茎術を受ける

クリトリスは、女性のデリケートゾーンの陰核を指し、通常、包皮と言われる皮膚に覆われています。従って、不感症の原因がこれではないかと思われている方も多いようです。

最近では、クリトリス包茎手術を行ってくれる婦人科医院もたくさん出てきました。この手術をすることによって、感度が良くなり、不感症が治ることがあります。こちらの手術は、専門ではないクリニックや美容整形外科などでも手術することができますが、できれば婦人科形成専門のクリニックで受けるようにしましょう。

クリトリス包茎術を受ける

at obstetrics and gynecology / seapachi https://www.flickr.com/photos/66621440@N08/8854781090/

膣縮小術を受ける

膣縮小術では、加齢とともに筋肉が緩くなります。

もちろん、膣周りの筋肉も例外ではなく、この筋肉が緩むことで、不感症となっていることがあります。。膣縮小術では、ゆるんだり断裂してしまった筋肉を修復し、セックスの際に感じやすくします。

この手術は、入口だけではなく、膣の奥まで縮小し、若いころの状態にまで戻し、その効果は半永久的です。しかし、膣縮小術は、今後出産されない方にしかできない手術です。

膣トレーニングをする

前述の通り、膣周りの筋肉は、加齢とともに緩み、それが不感症の原因になることもあります。

そこで、最近では、膣トレーニングができる装置を置いている病院があります。こちらの方法は、メスも手術もいらないので、気軽にトライできます。

この装置を使えば、膣周辺の筋肉が鍛えられることはもちろん、お尻の筋肉が鍛えられ、ヒップアップの効果も期待できます。さらには、尿道周辺の筋力も鍛えられるので、頻尿や尿漏れも改善されますよ。

膣トレーニングをする

不感症を治療すると世界が変わる!

不感症が治るとセックスが楽しくなる!

セックスの時間が苦痛でたまらない不感症ですが、前述のような治療を行い、不感症が治ると、セックスがとっても楽しくなります。

中には、普段の何気ないストレスが全くなくなり、気分が明るくなる方もいるかもしれません。また、相手のことがもっと好きになり、もっともっと彼氏や旦那様のことを知りたいと素直に思えるようになります。一方、特定の相手がいない方は、いろんな男性に出会いたいと思えるようにもなるかもしれませんね。。

不感症かな・・・と感じている方は、ぜひ不感症の治療法にトライしてみましょうね。

不感症が治るとセックスが楽しくなる

PR