妊娠や出産には問題なくてもクリトリス包茎の治療をした方が良い3つの理由
663views

妊娠や出産には問題なくてもクリトリス包茎の治療をした方が良い3つの理由

クリトリス包茎の治療は陰部の臭いや感染症の予防、そして性的快感を得るために必要ですが、例えクリトリス包茎であっても生殖機能になんら問題はありません。そのため、健康上の問題がないのであれば基本的には治療はしなくてもよいものです。しかし、性的快感を強くしたい、自信を持ちたいなどの場合には有効です。

クリトリス包茎の治療は必要?

bsN112_hooduewotukujyosei 頬杖をついて悩む女性 クリトリス包茎とは女性の陰部にあるクリトリスが皮を被っている状態にあることです。

男性の包茎と同じようなものですが、女性の場合にはクリトリス包茎の割合が男性よりも比較的多いと言われています。男性の包茎と同じく、仮性のものと真性のものがありますが、たとえ真性のクリトリス包茎だとしても生殖機能になんら問題はないものです。

そのため、クリトリス包茎であるからといって必ずしも治療が必要なわけではありません。

クリトリス包茎であるためになんらかの病気である場合には病院でも治療する場合がありますが、基本的にそのようなことはありません。そのため、クリトリス包茎の治療は基本的には美容整形を主に扱うクリニックで行われることが多いようです。

クリトリス包茎の治療が必要な場合

クリトリス包茎を治療した方がよい、という意見には3つの理由があります。

【1】感染症の予防

1つ目は感染症の予防です。

クリトリス包茎は皮があまっている状態であるためにひだなどに恥垢と呼ばれるアカが溜まりやすく、そのために感染症のリスクが大きくなります。もちろん、女性器を清潔に保つことでこのような感染症のリスクは軽減します。

【2】陰部の悪臭の予防と改善

2つ目の理由としては臭いです。

クリトリス包茎の場合、陰部の皮がある分、ムレやすく、またそのために臭いの原因にもなります。このため、クリトリス包茎のままにしておくことは、いわゆるスソガと呼ばれる悪臭の原因の1つにもなります。

【3】性的快感を高めたい

3つ目は性的感覚が悪くなることです。

一般的にクリトリス包茎の女性は性的興奮を感じてもクリトリスが皮に隠れているため性的快感を感じにくくなります。性的快感の有無は女性個人にはそれほど問題ありませんが、パートナーとセックスをする際に快感が得られないことで仲が悪くなる場合もあります。

「不感症」という言葉がありますが、不感症には心理的なものと身体的なものがあります。クリトリス包茎であることは身体的な不感症の要因になるといわれています。

クリトリス包茎の治療は自宅できる?

治療は基本的に病院やクリニックで行われます。クリトリス包茎を治療することで陰部の臭いの軽減や感染症リスクの軽減、そして性的快感を得られるなどのメリットがあります。また、女性器の形にコンプレックスを抱く女性においては自分に自信をつけるためにも、クリトリス包茎を治療したいと希望する人は少なくありません。

クリトリス包茎は皮が多いことが原因であるため、その余った皮を取り除くことが治療法になります。そのため、クリトリス包茎は自宅で治療できるものではありません。基本的に病院やクリニックで行われます。

クリトリス包茎の治療は日帰りでできる!

クリトリス包茎の治療は日帰りでできる!女性器の一部を切り取ると考えると、とても痛く、怖い治療のように思えますが実はそれほど難しい手術ではありません。また、局部麻酔を使うので痛みもほとんどありません。

手術は30分から数時間で終わり、日帰りも可能性です。術後2日目からはシャワーも可能です。もともと陰部は血行循環もよいため、術後の回復も早いといわれています。

クリトリス包茎は見えない部分ですが、見えない部分だからこそ、コンプレックスが大きくなることもあります。陰部の形やクリトリス包茎ではなかと思ったら、まずはクリニックで相談してみましょう。

PR