クリトリス包茎の症状とデメリットを紹介します!改善には手術が有効!
840views

クリトリス包茎の症状とデメリットを紹介します!改善には手術が有効!

クリトリス包茎の症状は性行為の最中でもクリトリスが皮の中から出てこないというものです。このようにクリトリスが皮をかぶった状態であるクリトリス包茎は感染症のリスクになったり、臭いの原因になります。また性的に興奮しずらい不感症になる可能性もあります。改善のためには簡単な手術が有効です。

クリトリス包茎の症状

女性の性器は男性に比べて複雑な構造をしています。しかし、男性と同じくデリケートな部分であり、また性交渉の際には性感を感じる重要な器官になります。

女性のクリトリスは男性の亀頭にもある包茎という状態であることがあります。ただ、男性と違って、女性のクリトリスは包茎であることが多いのことが特徴です。

女性のクリトリスは性的興奮によって皮がめくれて自然と出るのが正常で、普段は皮に覆われているという人が圧倒的に多いようです。しかし、クリトリス包茎の場合は性的な興奮があっても、クリトリスが皮をかぶったままであるという症状があります。

女性のクリトリス包茎にも男性の包茎と同じように仮性と真性があります。仮性の場合は手で皮を向くことで簡単にクリトリスが見えますが、真性の場合には皮とクリトリスが強くくっついている状態で手で皮をむいてもなかなかクリトリスが出てきません。

クリトリス包茎のデメリット

クリトリス包茎であることは日常生活にあまり関係がないと言われていますが、実はクリトリス包茎であることには3つの大きなデメリットがあります。

【1】感染症リスクの増大

感染症リスクの増大クリトリス包茎の1番のデメリットははやり衛生的な問題です。クリトリス包茎であるために、皮とクリトリスの間や皮の中などで細菌が繁殖しやすいため、感染症にかかりやすいというデメリットがあります。

この感染症は性的なものだけでなく、常在菌の繁殖や炎症の原因にもなりやすくなることがわかっています。普段から免疫力を低下させないように気をつけていても、クリトリス包茎であることはそれだけで膣周辺の感染症になりやすい状態であることを意味します。

【2】臭いの原因になる

臭いの原因になる感染症までには至らなくとも、クリトリス包茎であることは恥垢と呼ばれる汚れが溜りやすいになります。そのため、その恥垢が臭いの原因になることがあります。

とくに夏や冬など下着のなかが蒸れたりする季節は注意が必要です。下着の中が蒸れることで臭いを発生しやすくなるからです。もちろん、このような臭いの問題は入浴時に陰部を丁寧に洗うことで解決する問題です。

ただし、性器の近くのデリケートな場所なので、できれば刺激の少ない性器専用の石けんを使った洗う方が良いでしょう。

【3】不感症

不感症クリトリス包茎は日常的にはそれほど困ることはありませんが、性交渉の際に気持ち良さを感じることができないというデメリットがあります。

このため、クリトリス包茎の女性は性行為が気持ちよくないと感じたり、相手の男性に不感症だと責められる原因になることもあるようです。

クリトリス包茎の改善方法

クリトリス包茎は場所がデリケートなために人に相談しにくいものです。

しかし、このクリトリス包茎は簡単な手術で改善することがわかっています。クリトリス周辺の皮を切除するので、「痛いのではないか」と心配する人も多いようですが、実は陰部はあまり痛点がなく、手術をしても痛みが少ない部位だと言われています。しかも、手術は日帰りでできるところも多く、術後も数日で違和感などもなくなると言われています。

最近では病院やクリニックでクリトリス包茎を気軽に相談できるような場所も増えています。また、担当医を女性にできる場合もあります。異性の医師への相談が恥ずかしい人にも女性の医師であれば安心して相談できるでしょう。

PR