子宮筋腫の大きさだけが基準ではない!?手術が必要なタイミング
706views

子宮筋腫の大きさだけが基準ではない!?手術が必要なタイミング

実は子宮筋腫の大きさだけでは手術か投薬治療かを決めることはできません。小さいから気にしなくても大丈夫と思っていても、場合によっては摘出手術が必要になってしまうケースもあります。 知っていれば怖くない治療と手術、そのタイミングについてご説明します。

子宮筋腫の種は生まれつきの体質?

子宮筋腫の種は生まれつきの体質なのか

20代の女性にも増えている子宮筋腫とその原因

女性特有の病気なので、子宮筋腫、腫瘍と聞いて驚いてしまう方も多いと思いますが、多くは悪性腫瘍に変化することない良性のもので、命の危険に晒されるわけではありません。
成人女性のうち、2~3割の人に子宮筋腫があると言われており、最近では20代で発症するケースが増えてきていますので珍しい病気ではありません。子宮筋腫があっても気付いていない人がほとんどです。
子宮筋腫の原因については、卵巣から分泌される女性ホルモンが影響しているとみられていますが、実はまだ詳しく解明されていません。現在の仮説としては、「胎児の段階で子宮筋腫の発生源である細胞が作られている」と考えられており、生まれつきの体質あると言われています。
子宮筋腫は、子宮壁に筋肉が異常増殖したコブのような良性の腫瘍です。

あまり知られていない子宮筋腫3種類

子宮筋腫は、筋腫のできる場所や方向にできるのかによって3種類に分けることができます。
一番多いのは「筋層内筋腫」です。子宮の真ん中で筋肉が異常発達するケースですが、症状があまり出ないため、気付かない人もいます。
対して、子宮の外側に向かって発育していくのが「しょう膜下筋腫」です。大きくなりやすいわりに、こちらも症状がほとんどないタイプです。
一番少ないのは「粘膜下筋腫」で、子宮内膜直下に発生し、子宮内腔に向かって成長するタイプで、最も症状が強く出るタイプです。

子宮筋腫の種類

子宮筋腫ができたら出てくる症状

筋腫がある場合、コブになっている分だけ子宮内膜が引き伸ばされるために面積が増え、月経量が多くなります。経血は、スムーズに体外から排出できるように血を凝固させないための酵素が含まれていますが、酵素が足りていない場合は経血量に追いつかず、レバー状の塊がでることがあります。
その塊を押し出すために子宮は激しく収縮活動を行うので、酷い腹痛になったり、多量の出血による貧血やめまいを引き起こします。
また、セックスの時に奥のほうに痛みがあったり、症状が重い場合は体外から分かるほど大きく肥大している場合があります。

専門医と相談して投薬か摘出かベストな方法を選択

子宮筋腫の対処方法

筋腫が大きくなるスピードと手術について

気になるのは、筋腫が大きくなる早さです。
先程も述べたように、筋腫は女性ホルモンの影響によるところが大きいので、一生気付かないまま、発症しない人もいれば、数か月で成長してしまう人もいるので、進行状況は人それぞれです。
一般的に、子宮筋腫の大きさが10㎝程度のにぎり拳ぐらいになると手術が必要とされていますが、成長スピードが速ければ、負担にならないうちに手術で摘出してしまう場合もあります。
筋腫ができてしまっても妊娠することはできますが、早産や流産というケースが多くなってしまいます。
筋腫があると、赤ちゃんの成長に合わせて大きく柔らかくなるはずの子宮が硬くなってしまい、大きくなりにくくなってしまいます。
また、子宮内にコブがあることで受精卵が上手く辿りつかずに着床できないため、不妊の原因になるケースもあるので、妊娠や出産を希望される場合は子宮筋腫の大きさに関わらず、手術をして筋腫を摘出されることをお勧めします。

自分に合った治療法を専門医と相談する

子宮筋腫の大きさや進行スピード、それに伴う症状は人それぞれです。
小さいからと言って放っておくと、進行スピードが速い場合は放置しいている間に成長して手術が必要になってしまう場合があります。
早めに病院にって検査し、適切な治療を行えば大きな手術に至らず、忙しい女性でも短期間で病状を改善することができます。
病状が軽ければピルの投薬で進行スピードを抑えることができますし、手術と言っても、今では筋腫核手術という、筋腫だけを摘出する方法があります。
子宮鏡下手術や腹腔鏡手術であれば、お腹を切らないので目立った大きな手術跡も残らず、1週間程度あれば社会復帰できます。
子宮筋腫の大きさに関わらず、進行スピードにも着目し、医師と相談しながらゆっくり治療しましょう。

PR