もしかすると排便痛の原因は”子宮内膜症”かも!?
261views

もしかすると排便痛の原因は”子宮内膜症”かも!?

毎回ツライ排便痛に悩まさせていませんか?「痔だったら恥ずかしいし・・・」とかで我慢していませんか?その排便痛の原因、もしかすると”子宮内膜症”の症状なのかもしれませんよ!それなら早く治療をしなくては!

まさか子宮内膜症の症状のひとつとして”排便痛”があるなんて思っていましたか?ではどんな痛みが特徴なのでしょうか?今回は”子宮内膜症”についてチェックしていきたいと思います!

排便痛の原因がどうして”子宮内膜症”なの?

排便痛といったら一番に思い出すことといったら「痔」ですよね。でもその「痔」のときと違った特徴があったのです。

「痔」の時の排便痛はそれこそ”肛門付近”での痛みを感じることが多いのに対し、「子宮内膜症」が原因の排便痛は肛門のもっと奥(子宮側の方)に痛みを感じるそうなのです。その痛みがツライので便秘がちになってしまうこともあり、とても苦しい思いをする方が多いそうです。

子宮内膜症で排便痛はどうして?

子宮内膜症で排便痛

子宮内膜症というのは子宮の中以外で子宮内膜と同じような組織ができてしまう病気で、通常子宮内でできたものであったら、その組織がはがれおちたとしても身体の外へ”生理”という形で外へ排出されるのですが、子宮内膜症となるとその剥がれおちたものが体内にたまってしまい、それが癒着してしまうことで、その部分に痛みを生じてしまうそうなのです。今回のように排便痛として現れた場合、子宮と直腸の間に癒着や炎症が起きてしまっていて、排便のたびに痛みが襲ってきてしまっていると考えられます。

子宮内膜症は女性なら誰でもなる可能性が!

子宮内膜症は女性の誰でもなる可能性がある

女性の20代から40代の方によく見られるのが子宮内膜症。原因は実ははっきりとはわかっていないのが現状です。でも子宮内膜症になりやすい人の特徴が分かっているので、もし当てはまるという人は婦人科にチェックしにいくことをオススメします。

こんなひとは要注意!

・生理が来たのが早かった
・妊娠や出産をしたことがない、もしくは少ない人
・月経周期が28日周期より短い
・生理が始まると1週間以上など長い
・子宮内膜症を発症した母親や姉妹がいる

どうですか?自分自身当てはまりますか?女性ホルモンであるエストロゲンがこの子宮内膜症に大きくかかわっているとも言われており、このホルモンは生理がはじまった女性でないとでないホルモンなんだそうです。そして閉経を迎えるとそのホルモンの分泌も減少するため、子宮内膜症自体の発症が20~40代に多いという。

子宮内膜症を予防するには

子宮内膜症を予防

原因はわかっていないのですが、”ホルモン”の影響が多いとされているこの子宮内膜症。ですので普段からの食生活をしっかりとしたものにすることが大切のようです。まずはバランスのとれた食事を心がける!ということです。食べたいものを我慢するわけではなく、しっかりとバランスを心がけて食事をするようにしましょう!

睡眠をとり、ストレスのかからない生活を心がける。これもとても大切です。疲れやストレスというのはホルモンバランスをあっという間に乱してしまいます。ぜひともそうならないように日ごろから体調を整えるようにしてくださいね。

子宮内膜症を予防のために喫煙を控える

そして一番重要なことが「喫煙を控える」ということです。原因がわかっていないとされている子宮内膜症ですが、この喫煙はその原因としてよく言われているそうです。ぜひともその喫煙はやめ、禁煙を心がけるようにしてくださいね!

最後に

過度に心配はする必要はないと思いますが、子宮付近に痛みがある、生理痛が酷く薬もあまり効かないなど生活に支障がある場合はぜひとも近くの婦人科を受診してみてください。早めの対策が今後の生活をかえてくれるはずですよ!

PR