子宮の病気による排便痛があるのを知っていましたか?
218views

子宮の病気による排便痛があるのを知っていましたか?

女性特有の病気というのは様々ありますが、子宮の病気による排便痛があるということを知っていましたか?実はそれって「子宮内膜症」なのです!他にも「子宮後屈」といった病気もあるそうで、それらを詳しくチェックしていきましょう!

子宮の病気というのは様々ありますが、今回は「子宮内膜症」と「子宮後屈」についてチェックしていきます。実はこの二つ密接な関係にあるようなのです。

子宮の病気による排便痛がある理由は?

子宮の病気による排便痛がある理由

排便痛があると一番に想像するのが「痔」ではないでしょうか?どうしても「痔」となると恥ずかしいと思ってしまい、病院の受診はおろか、人に相談するのも恥ずかしかったりしますよね。でもその排便痛、他の症状はありませんか?痛みが肛門付近というより、もっと奥に痛みを感じたりしませんか?

「子宮内膜症」

ここで考えられる子宮の病気が「子宮内膜症」といわれる病気です。これは通常子宮内で子宮内膜というのものが形成され、それが一定周期で厚くなり、剥がれおちます。そして子宮外(体の外)に出されるのが月経となるのですが、子宮内膜症の場合、子宮内膜が子宮外で形成され、それが子宮外で剥がれ落ちでしまうのです。通常であれば外に排出されるものが、その場所に滞り、腸などの臓器に癒着を起こしてしまい、炎症を起こすことで場合によっては激しい痛みに襲われてしまうといった症状が出てきます。

子宮内膜症は昨今の晩婚化を背景に増加傾向にあるとされており、生殖年齢の1割の方がこの病を持っているともいわれているそうです。この子宮内膜症は不妊にもなりやすいとも言われていることから、早めの治療をすることが重要となってくるようです。

排便痛の症状がでる子宮内膜症

「子宮後屈」」

「子宮内膜症」は聞いたことがあるけど「子宮後屈」についてはあまり聞いたことがないという人もいるのではないでしょうか?この病気は先天性のものと子宮内膜症などによって併発されることがある病気で、先天性のものである場合痛みなどの症状や弊害などもあることがほぼないので、治療等はすることはありませんが、子宮内膜症の症状である臓器などの癒着によってなってしまった「子宮後屈」についてはしっかりと治療をしていく必要があります。

子宮後屈とは通常子宮というのは骨盤の内側でお腹側に傾き、前方向に曲がっているものなのですが、この子宮後屈になると背中側に傾いてしまい、後ろに折れ曲がってしまった状態になってしまうそうなのです。この形状になると妊娠がしにくくなるとの話もあるので、その根本である子宮内膜症の治療と折れ曲がった子宮をもどしたり、癒着を取り除く外科的手術治療をしなくてはいけないこともあるそうです。

癒着の部分によって「排便痛」が伴う!

癒着の部分によって排便痛が伴う

実は癒着している部分で痛みを感じる部分が違ってくるそうなのです。排便痛がある人は癒着してしまった部分が腸に近い部分に起こってしまっていることが多いようで、それによって排便の度に痛みを感じてしまうそう。この痛みがツライこともあり、ひどい便秘になってしまう人も多いそうですよ。

最後に

普段から生理痛が酷く、薬を服用してもなかなか治まらないといった症状がある人はぜひ婦人科を早めに受診をするようにしてください。原因というのははっきりとはわかっていない子宮内膜症ですが、不妊で悩んでいる方達の中でこの病気を持っている方が明らかに多いといった話もあります。早めに治療をすることでもちろん妊娠も可能になってくるはずです。ぜひぜひ勇気を出して受診し、治療をするようにしてくださいね。

PR