排卵日の下痢や腹痛 ひどい場合は月経前症候群(PMS)の可能性が
259views

排卵日の下痢や腹痛 ひどい場合は月経前症候群(PMS)の可能性が

排卵日の下痢や腹痛などに悩まされている方はいらっしゃいませんか?症状がひどい場合は、生理前の2週間から生理にかけて、身体と心の不調が起こる月経前症候群(PMS)かもしれません。月経前症候群(PMS)の原因や改善方法についてご紹介しましょう。

排卵日の下痢や腹痛がつらい・・・

もしかしたら月経前症候群(PMS)かもしれません

排卵日の下痢や腹痛、頭痛などの症状がつらかったり、排卵日から生理にかけて、なんだか憂鬱な気持ちが続くという方、もしかしたら月経前症候群(PMS)かもしれません。月経前症候群(PMS)とはどのような病気なのでしょうか?

月経前症候群(PMS)の症状や原因、改善方法について勉強しましょう。

月経前症候群(PMS)とは?

排卵をした後に、下痢や腹痛、頭痛などの急な体調の変化が出始め、月経の直前まで続いたりする方や、月経の前の日のみに体調不良となるなど、症状が出る期間が人それぞれなのが月経前症候群(PMS)です。
毎月生理前になると、急に体調が悪くなるという方は、月経前症候群(PMS)になっているかもしれません。

月経前症候群(PMS)は、職場や学校などで受けるストレスやハードワークによってなると言われています。月経前症候群(PMS)になる原因についてもう少し詳しくみていきましょう。

月経前症候群(PMS)の原因は?

月経前症候群(PMS)になる原因は、今の段階では、明確な原因が突き止められているわけではありませんが、女性ホルモンの1つである黄体ホルモンではないかと考えられています。排卵後に急激に増加する黄体ホルモンの分泌によって、心と身体に変化が起こるのではないかと言われています。

月経前症候群(PMS)の症状とは?

月経前症候群(PMS)になるとどのような症状が出てくるのでしょうか?

月経前症候群(PMS)の症状は、下腹部痛や頭痛、腰痛、肩こりや下痢、めまいや肌荒れなど、多岐にわたります。心の症状としては、イライラしてしまったり、怒りやすく攻撃的になったり、無気力や憂鬱な気持ちが出てくることなどがあります。

このような症状に当てはまり、日常生活を送ることが難しくなると、病院に通って治療をする必要が出てきます。では、月経前症候群(PMS)を改善するためには、どのような方法があるのでしょうか?

月経前症候群(PMS)はどうやったら改善する?

月経前症候群(PMS)を改善するためには、栄養バランスのとれた食事をすることが大切

月経前症候群(PMS)を改善するための3つの方法をご紹介しましょう。

【食生活の見直し】
月経前症候群(PMS)を改善するためには、栄養バランスのとれた食事をすることが大切です。いろいろな食品を多くとることが必要なので、1日30品目を目標に献立を考えてみましょう。また、緑黄色野菜や玄米、海藻などはPMSの改善に良い食材とされています。砂糖や塩、カフェインはあまりよくないので、控えた方が良いでしょう。

【適度な運動】
毎日ウォーキングやストレッチなどの適度な運動をすることで、月経前症候群(PMS)の症状を緩和してくれます。運動をすることで、心をすっきりとさせてくれる効果もあります。

【ストレスの軽減】
月経前症候群(PMS)を改善するためには、日常でストレスをためないようにすることが大切です。自分の好きな音楽を聴いたり映画を見るなど、ストレス解消法をみつけて実践しましょう。

月経前症候群(PMS)の治療薬はあるの?

症状が重い場合、病院で薬を使って治療をする方法があります

月経前症候群(PMS)の症状が重い場合、病院で薬を使って治療をする方法があります。低用量ピルや精神安定剤などの薬がありますが、ただ、薬を飲むことをやめると、再度症状が出てきてしまいます。

これでは、根本的な解決にはなりません。漢方薬やビタミン剤などのサプリメントでの治療を行うクリニックもあるため、そのような方法で治療を行い、症状を改善させていくのが良いのではないでしょうか?

PR