げっぷが出せない・・・もしかして病気の可能性があるのかも?
21views

げっぷが出せない・・・もしかして病気の可能性があるのかも?

何度試してもげっぷが出せないことがあるという方は、もしかすると病気を患っているのかもしれません。げっぷが出せないことで考えられる病気についてご紹介しましょう。また、げっぷをうまく出す方法についてもお伝えしましょう。

げっぷが出せないことで考えられる病気とは?

げっぷが出せないことで考えられる病気とは?

げっぷが出せない、息苦しく感じるという場合、もしかすると病気に罹っているのかもしれません。

げっぷが出せないのは、胃の収縮機能が弱くなっていることや、食道と胃をつなぐ部分に何かしらの問題があって、胃から上部に空気が通りづらくなっていることが考えられます。

これらの2つの原因から考えられるげっぷが出せない病気についていくつかご紹介しましょう。

げっぷが出せない病気【胃潰瘍】

げっぷが出せない病気【胃潰瘍】

げっぷが出せないのは、胃の収縮がうまく機能していないことが考えられます。胃潰瘍や胃炎、胃下垂などの疾患になると、収縮機能が低下してしまいます。

胃潰瘍は、仕事や人間関係などの日常に感じるストレスや、過度のアルコール摂取、暴食などが原因となり、胃酸で自分の胃を溶かしてしまうことによって胃痛があらわれます。

胃炎は胃潰瘍よりは症状が軽く、胃が荒れる病気です。胃下垂は、胃を支えている筋肉が弱くなるため、胃が本来ある位置よりも下に落ちてしまう病気です。

胃潰瘍になると、かなり激しい胃痛を伴います。症状を放置せずに病院で早期に病院で診てもらうことが大切です。胃潰瘍をそのままにしておくと、胃がんになる恐れがあるためしっかりと治療をする必要があります。

げっぷが出せない病気【逆流性食道炎】

げっぷが出せない病気【逆流性食道炎】

食道と胃をつなぐ部分に問題があると、げっぷが出せない症状が出ます。逆流性食道炎や食道アカラシアなどの病気が考えられます。

逆流性食道炎は、胃から食道に向かって食べ物が逆流してしまう病気で、炎症を起こし、胃からげっぷが出せない症状があらわれます。逆流性食道炎は、脂肪が多い食事を摂り続けていると、胃の入り口の筋肉が緩みやすくなるため起こると言われています。

また、食べてすぐに横になって寝るという癖がある方は、逆流性食道炎になりやすいです。逆流性食道炎は、薬で治療ができるため、症状が出たらすぐに病院で診てもらいましょう。

食道アカラシアは、胃と食道をつなぐ部分の筋肉が緩んでしまうために起こります。食道が狭くなってしまい、それによってげっぷが出せないようになります。

げっぷが出せない病気【咽喉頭異常感症】

げっぷが出せない病気

ストレスなどが原因で、咽喉頭異常感症になっているとげっぷがだせない状態となります。

胃から空気が喉の手前まできているのに出すことができない場合、この病気の可能性があります。咽喉頭異常感症になると、喉の奥に異物があるような感じを抱きます。精神的な問題を抱えているとこの病気になることがあります。

げっぷを上手に出す方法とは?

げっぷを上手に出す方法とは?

げっぷが出せないのは、出す方法が間違っているのかもしれません。げっぷを上手に出す方法をご紹介しましょう。

【気道を広げてみる】

喉のあたりで空気が止まっている感じがするのであれば、頭を後ろにぐっとそらして顎を上げて、気道を広くしてみましょう。げっぷが出る可能性があります。

【ツボを押してみる】

首の前側で、喉仏の下側に骨があるのですが、その骨と鎖骨の間にキシャというツボがあります。この部分を押すことで、げっぷが出やすくなります。また、みぞおちの部分にはコケツというツボがあります。中指でぐーっと力を入れて抑えることでげっぷが出やすくなります。

【炭酸飲料を飲む】

サイダーやコーラなどの炭酸飲料を少しずつ飲むことによって、げっぷが出やすくなります。

PR