ピロリ菌除菌の副作用はどんなもの?ピロリ菌除菌方法と心配な副作用を解説
57views

ピロリ菌除菌の副作用はどんなもの?ピロリ菌除菌方法と心配な副作用を解説

ピロリ菌除菌の副作用があると聞くと、胃がん対策になるといわれるピロリ菌除菌も心配になってしまいます。まずは菌がいるかどうかの検査から受けてみましょう。ここでは除菌の方法や気になる副作用について解説します。

注目されている「ピロリ菌」とは何者か?

注目されている「ピロリ菌」とは何者か?

ピロリ菌とは、人間の体に初めからいる菌ではなく子供の頃に感染し、一度すみついたピロリ菌はそのまま胃の中に居続けます。害がなければすみついても構いませんが、ピロリ菌は胃や十二指腸に炎症を起こして傷つける悪い菌。しかし、自覚症状がない人がほとんどで感染に気付かないことも多いです。

ちなみに、ピロリ菌を除菌すると防げるといわれますが、ピロリ菌除菌の副作用がないわけではありません。

ピロリ菌が起こす害

ピロリ菌が起こす害

胃の粘膜にすみついたピロリ菌はアンモニアを作り出し、その状態が長く続くと胃炎を引き起こします。

さらにピロリ菌の影響で起きた炎症により胃粘膜の組織が修復できなくなると「萎縮性胃炎」になり、これが胃がんの原因と関係性が高いといわれています。

まずは検査を

まずは検査を

検査には内視鏡を使うタイプと使わないタイプがあります。

まず内視鏡を使う検査は、ピロリ菌が作り出すアンモニアの量を調べる「迅速ウレアーゼ試験」、組織を採取し顕微鏡で菌がいるかどうかを見る「鏡検法」、採取した組織を培養し菌がいるかを調べる「培養法」。

そして内視鏡を使わない検査は、血液や尿を採取し菌がいるかどうかを調べる「抗体測定」、検査薬を飲み一定時間すぎたあとではいた呼気に菌がいるかを調べる「尿素呼気試験」、便を採取し菌の有無を調査する「便中抗原測定」です。

菌がみつかったら除菌?

菌がみつかったら除菌?

現在のところ、検査によってピロリ菌が発見されると必ず除菌の対象になるとは限りません。たとえば胃潰瘍・十二指腸潰瘍があったり、ピロリ菌による胃炎が認められたりなどの場合には除菌の対象になります。

医師が指示する症状がない場合でも除菌を受けられないことはありませんが、医師と相談の上行うかどうかが決定されます。

ピロリ菌除菌の方法

ピロリ菌除菌の方法

除菌は一次除菌と二次除菌の段階を踏んで行われます。飲み薬による方法で、どちらの段階でも2種類の内服薬を使用。

まず一次除菌では胃酸抑制剤と抗生物質を併用し、この段階で約85%の感染者が除菌できるといわれています。しかしこれで除菌効果が上がらない時は二次除菌に進み、2種類の抗生物質と1種類の胃酸抑制剤を使用。服用の仕方は1日2回で1週間です。

どちらの段階でも気を付けることは、必ず服薬を続けること。途中でやめたり飲み忘れたりすると、菌に耐性ができ除菌できなくなる可能性があります。

ピロリ菌除菌の副作用

下痢

下痢

除菌のために、体にとって有用な腸内細菌のバランスが崩れて下痢になることも。他にも腹痛や味覚障害がでる場合もありますが、一時的なものであり、下痢も便が柔らかい程度であれば問題ありません。

しかし血便が出たりアレルギー反応でじんましんがでたりする時には必ず受診しましょう。

胃の症状が改善しない場合も

胃の症状が改善しない場合も

炎症を引き起こしていたピロリ菌が除菌されれば胃の状態が改善する場合がほとんどですが、長期にわたって感染しているとすぐには改善しないことも。そのため、高齢者の除菌は行わないとしている医師も少なくありません。その場合は、ピロリ菌の減少に有効と言われるヨーグルトなどの食品をとることがすすめられますが、継続してとっていく必要があります。

除菌だけに頼らず健康的な生活を

除菌だけに頼らず健康的な生活を

除菌をすれば胃の状態がよくなるからといって、胃腸のケアを怠らないようにしましょう。睡眠時間をきちんととり、寝る前には食べないなど、胃腸にやさしい生活を送ることでより元気な胃を取り戻せるでしょう。

PR