原因はストレス!?子供でも大人でもなる急性胃腸炎の症状や原因や治療法!
127views

原因はストレス!?子供でも大人でもなる急性胃腸炎の症状や原因や治療法!

急性胃腸炎という病気のことを知っていますか?これは年齢関係なく誰にでもなりうる可能性のある病気です。原因は不明と言われていたり、ストレスと言われていたり、まだまだよく分からない急性胃腸炎の症状や原因や治療はどのように行われるのかについてまとめてみました!ならないために心がけたら良いこともわかるかも!

急性胃腸炎の症状を知る前に病気を知ろう

急性胃腸炎ってどんな病気なの?

急性胃腸炎はどのような病気か

急性胃腸炎というのは、嘔吐や下痢を伴う辛い感染症のことを言います。その名の通り、嘔吐や下痢が突然襲ってきます。通常の場合胃腸炎自体はすぐに治りますが、患者の免疫力の強さや、年齢、体調などによって治り方は異なり、長く続くと、肝炎や脳炎などの重い病気に繋がっていく可能性がある怖いものです。ただの胃腸の炎症だとは思ってはいけません。

急性胃腸炎の原因にはどのようなものがあるの?

急性胃腸炎になるのは、ウイルスや細菌、微生物などに感染してしまうことによるものですが、そもそもどのようにしてウイルスなどに感染してしまうのでしょうか?

原因は不明なことが多い!

急性胃腸炎の原因は不明なことが多い

急性胃腸炎の正確な原因はわからない場合が多いです。食べ物から菌を取り込んでしまったり、ペットが菌を持っていてそこから感染するということもあります。どこから菌に感染するかわからないのが怖いですね。

ストレスが原因だと考えられている!?

急性胃腸炎は菌などの感染ではなく、ストレスが原因となって現れる場合もあると言われています。人はストレスを感じると、脳の働きが活発になり、自律神経にも刺激がたくさん送られるようになります。これによって、自律神経が体の臓器のコントロールを上手くすることができなくなってしまいます。胃の機能が落ちてしまったり逆に過敏になってしまえば、嘔吐などに繋がり、腸の活動に悪影響が及べば、下痢などの症状があらわれてしまいます。また、ストレスの強い状況にいると、胃が普段よりも荒れたり、免疫力が下がってしまったりするので、このあいだに何かしらの菌に感染して胃腸炎になってしまうということも考えられます。

どのような症状があらわれるの?

代表的な症状としては、嘔吐と下痢です。これが酷くなると、臓器の内膜の炎症から出た血が混じった血便が出てしまったり、熱が出たりする場合もあります。意識を失ってしまう場合もあるので子供やお年寄りなど比較的体力がない方や免疫力が低い方がなった場合には細心の注意が必要です。

どのような治療が行われるのか?

急性胃腸炎の治療

病院では、抗生物質を使った治療が行われます。抗生物質を使うことによって体の外に菌を出すことを目標にします。菌がすべて外に出てしまえば胃腸炎の症状は治まります。ただし、菌に感染したものではなく、ストレスによって引き起こされた胃腸炎の場合にはストレスと取り除かない限りは胃の荒れが続いてしまうので症状が治まりにくくなります。そのため、薬の他に、自分の力でストレスを少しでも緩和させてあげることが治療において非常に重要になってきます。

急性胃腸炎にならないためにできることとは?

急性胃腸炎の予防

急性胃腸炎にならないためには、普段から免疫力を低下させないように気をつけるということです。免疫力が下がってしまうと胃腸炎になりやすくなるどころか、重症化してしまうことにもつながるので危険です。毎日三食きちんとバランスよく食べ、睡眠時間を十分にとり、運動などを適度にして健康的な生活送ることができるように心がけましょう。ストレスを溜めこまないように、発散法方法を見つけておいたり、なんでも相談できる相手を見つけておくことも大切です。

PR