手汗が出る原因は色々あります。手汗の止め方はリラックスすることや外出先ではツボ押しも有効です!
98views

手汗が出る原因は色々あります。手汗の止め方はリラックスすることや外出先ではツボ押しも有効です!

手汗の止め方はまず手汗が出る原因を探りましょう。ストレスや不安など精神的なものが原因だったり、肥満や隠れた病気があることもあります。ゴウコクというツボを押せば、手汗を簡単に止めることができます。手のツボなので誰にも気づかれずに押すこともできます。

手汗の原因には色々ありました

手に汗をかく原因は緊張から?

緊張したりすると、手から汗が出ていることがあります。またちょっとした不安やストレスなどによっても手に汗をかくことが誰でもあるのではないでしょうか。
問題はこの汗の量です。人に気づかれない程度の少量の汗なら、気にすることはありませんが、やはり人目が気になるほどの汗の量だと、手に汗をかいている状態さえ、当事者にとってはかなりストレスに感じることもあります。すると余計に汗の量も増えてきてしまいます。手汗をかきやすい人は、精神的な問題や病気が原因ということもあります。

精神的な問題の場合

手汗の原因は精神的な問題であることも多いでしょう。たとえば大事な会議中に自分が司会進行役をしなければならないときや、何かを発表しなければならないときなど、手に汗をかいてしまうこともあります。手汗をかいている自分に嫌悪感を抱いてしまうと、状況は悪化してしまいがちです。
真面目な性格の人や、神経質、几帳面な人ほど手に汗をかきやすい傾向があります。精神的な問題を抱えている方は、一人で考え込ます、カウンセリングを受けるなどして根本的に解決していきましょう。

日常生活の乱れによるもの

生活が乱れたり、夜、十分な睡眠が取れていないと自律神経が乱れ、手に汗をかきやすくなります。また更年期障害などが原因で、ホルモンのバランスが崩れてしまい、手に汗をかいてしまうこともあります。手汗の止め方は女性の方であれば産婦人科を受診し、身体のホルモンのバランスを整えてもらうことでしょう。薬を服用することで治療することができます。

太り過ぎも手に汗をかく原因となります

太りすぎも体温調節のために手汗をかきます

手汗の原因には肥満も関係があります。太っていると身体の代謝にかなりのエネルギーが消費されるのですが、消費される際に、かなりの熱が身体に溜まるため熱を体外に放出させる必要があるのですが、発汗がうまくいかないため、手や足などの末端から熱を放出させるために、手汗が出るのです。手汗の止め方はとにかく肥満を解消することです。

隠れた病気が潜んでいることも

手汗が出る原因には、更年期障害、甲状腺機能亢進症、パーキンソン病、脳梗塞などがあります。普段手汗をかくことはないのに、急に手汗をかくようになってきたら注意する必要があります。

手汗の止め方はゴウコクというツボを押す

会議やプレゼン前に手汗をかきそうになったらゴウコクというツボを押しましょう。手汗の止め方は、手の人指し指と親指の付け根の部分をゆっくりと息を吐きながら押しましょう。手汗を止める効果ももちろんありますが、精神的にもリラックスするので、手汗が簡単に止まります。
一人でこっそりと出来る手汗の止め方なので、是非活用してみてください。

食事改善でできる手汗の止め方

手汗の生活改善に大豆製品

手汗の止め方は毎日の食事でもできます。スパイスの効いた料理や油ものを食べると手汗をかきやすくなってしまいます。暴飲暴食をすると手に汗をかきやすくなるため、腹八分目を毎日心がけましょう。そこで普段の食事はなるべくあっさりとした食事を取るように。女性ホルモンの多い豆腐や大豆食品を取ると汗をかきにくくなります。

PR