毎年の冬悩まされる!指先がひび割れるのを治すにはどうしたらいいの?
107views

毎年の冬悩まされる!指先がひび割れるのを治すにはどうしたらいいの?

指先がひび割れるのを治すには、ハンドクリームなどをしっかり塗り込み、ビニール手袋と軍手を重ねて就寝すると、翌朝ひび割れが治ります。食器を洗ったり、洗濯をする場合は、必ずゴム手袋をしてから行うと、指先がひび割れるのを防ぐことができます。冬はこまめにハンドクリームを塗るだけでも、ひび割れを予防できます。

毎年の冬、指先がひび割れるのを防ぐには

指先がひび割れる大きな原因は家事

指先がひび割れる大きな原因は家事

毎年、冬になると指先がひび割れて困った経験はありませんか?

空気が乾燥しているせいもありますが、指先がひび割れる最も大きな原因は、食器洗いや洗濯などの水仕事が、大きな原因だと言ってもよいのではないでしょうか。主婦の場合、日常茶飯事、こうした水仕事をしなければならないため、指先がひび割れる状態からなかなか脱出できない場合もあります。

お湯での洗いものも原因の一つでした

お湯での洗いものも原因の一つでした

指先がひび割れる大きな原因には、お湯で洗いものをすることです。冬場はお湯で洗いものをすると油汚れなどが落ちやすくなるため、余計にお湯で洗いものをする機会がふえてしまうため、ひび割れもできやすくなっているのです。

お湯で洗いものをすると、手の表面の水分や油分も奪いながら、洗うことになるため、余計に指先がひび割れる原因となってしまうのです。食器洗いをお湯で行った場合は、手の水分をしっかりタオルで拭き取り、失った水分と油分を補うためにハンドクリームを塗りこんでおかなければなりません。

指先がひび割れるときは、絆創膏をしっかり貼って

絆創膏で傷口をガード

絆創膏で傷口をガード

指先がひび割れるときは、そのままにしておくと傷口が広がり、広がった傷口から血が出てしまうこともあります。絆創膏を貼って傷口をしっかりガードしておきましょう。

できれば、この後、水仕事は避けたいものですが、主婦の場合、そういうわけにもいきません。ゴム手袋をはめて、しっかりと傷口を保護しながら水仕事を行いましょう。

寝る前はしっかりとケアをしておきましょう

寝る前はしっかりとケアをしておきましょう

主婦は就寝タイムを利用して、夜のケアを行いましょう。

夜寝る前に、家庭の万能薬でもあるオロナインをひび割れ部分や手全体に塗り込んでおきましょう。ビニールの手袋をはめて、次に清潔な軍手、もしくは家にある手袋をはめてそのまま就寝します。たったこれだけですが、指先のひび割れが劇的に治ります。

傷口が酷い方は二、三日以上続けるとだんだん治ってきます。オロナイン以外にもひび割れ専用の塗り薬がドラッグストアで購入することができるので、こうした製品を利用するのもよいでしょう。

なかなか治らないという方は皮膚科へ

なかなか治らないという方は皮膚科へ

ひび割れがなかなか治らないという方は皮膚科で診てもらいましょう。症状に合わせた薬を処方してもらうことができるので、治りも早いです。毎年の冬、ひび割れが起こるという方は、同じ皮膚科での治療を続けていきましょう。

水仕事に強い絆創膏を用意しておくのも

最近は、昔に比べると色々な種類の絆創膏が売られています。水仕事をしても中に水が入り込まないタイプの絆創膏もあります。液体絆創膏もあります。傷口に塗ると固まるので、ひび割れが大きくなるのを防いでくれる効果もあります。

水仕事の負担を減らすには

ひび割れができないように水仕事の負担を少しでも減らしましょう。毎日食器を洗う量が多い方であれば、思い切って小型の食洗器を購入してみてはいかがでしょうか。一日三回、365日、食器を手洗いする負担を考えたら、購入時は高いかもしれませんが、長い目で見ると安い買い物です。

洗剤の種類をやさしいものに変えましょう

強い洗剤を使うと、皮膚のバリア機能が失われてしまいます。やさしい成分の洗剤を使うと、ひび割れを防ぐことができます。

PR