指紋がなくなるほどひどい手荒れ 手荒れを改善する方法は?
75views

指紋がなくなるほどひどい手荒れ 手荒れを改善する方法は?

水仕事をしていると指紋がなくなるくらいひどい手荒れを起こすことがあるかもしれません。また、毎日の食器洗いや子供のお世話などでひどい手荒れになることもありますよね。指紋がなくなるくらいひどい手荒れを改善する方法をご紹介しましょう。

ひどい手荒れをなんとかしたい!

美容師や飲食店業、看護師などの仕事をしていると、水を使うことが多いため、指紋がなくなるくらいひどい手荒れを経験されている方がいらっしゃるのではないでしょうか。また、主婦の方も毎日の炊事や洗濯などで、繰り返し指先に刺激があるため、手荒れが進行してしまいがちです。

手荒れの原因や症状、指紋がなくなるくらいひどい手荒れを改善するための方法をご紹介しましょう。

どうして手荒れになるの?

どうして手荒れになるの?

手荒れになるのは、頻繁に水や紙幣などに触れるため、指先に刺激を与えやすくなっているからです。

指先を多く使う方に多くみられますが、特に幼児期にアトピー性皮膚炎に掛かっている方に多いようです。アトピーの方は、生まれながらに皮膚が弱く、手荒れを起こしやすくなっています。

手荒れの症状は?

手荒れの症状は?

手荒れはまず聞き手から症状が現れるのが特徴です。親指や人差し指、中指などの指先が、ガサガサして皮膚が落屑したり、皮膚が角化して硬くなってひび割れを起こします。悪化してしまうと、指先がザラザラになってしまいます。

この段階で手荒れ対策ができれば良いのですが、さらに指先への刺激が加わると、指紋がなくなるなどの症状が出てきます。そうなると皮膚がさらに薄くなってしまうため、ガーゼなどで保護をしたり、水仕事をしないなどの処置をとる必要があります。

手荒れの改善方法は?

手荒れの改善方法は?

手荒れを改善するためには、指先への刺激を少なくすることが大切です。水仕事をしなかったり、紙幣などを触らないことが改善策となりますが、仕事上難しい場合もありますよね。手荒れの改善方法をいくつかご紹介します。

【指先の刺激を避ける】

炊事をするときには、布の手袋をしてその上からゴム手袋を履き、指先に刺激を与えないことが大切です。

【クリームや保湿剤で保護する】

カサカサの指先や指紋がなくなるくらいの手荒れには、クリームや保湿剤で保護することが大切です。夜寝る前には、たっぷりとハンドクリームを塗って、手袋をして寝ると、翌朝のうるおい度がアップします。

【病院での治療を受ける】

皮膚科で診てもらい、治療を受ける方法もあります。皮膚科では、ワセリンや尿素軟膏などの保湿剤を処方してもらえます。また、ステロイド外用薬やアズノールなどの外用剤での治療もあります。外用剤の他に、刺激を受けないようにするために、テープ剤を貼って保護する方法もあります。

【不要な手洗いを避ける】

何度も手を洗うと、それだけ皮脂が流れ出てしまうため、手荒れの症状が悪化してしまいます。不要な手洗いを避け、手を洗うときにはお湯を避けるようにしましょう。お湯で洗うとますます乾燥させてしまい、症状を悪化させるためNGです。

6c9ea21dba934eeb54f9f27661e6f478_s苺

【食事を気を付ける】

手荒れは、食事を気を付けることで治療を早めることができます。手荒れに効果のある食べ物は、皮膚の再生を促すビタミンEが含まれているものです。ビタミンEの多く食品は、アーモンドやたらこなどがあります。

また、皮膚の抵抗力を高めるためには、ビタミンAが必要です。ビタミンAは、ホウレン草やにんじんなどに多く含まれています。皮膚の生成にはビタミンCが効果的なので、いちごやオレンジ、ピーマンなどを毎日の食事に取り入れましょう。

PR