手がこる人必見!ストレッチ・マッサージ・ツボ押しでこり解消
55views

手がこる人必見!ストレッチ・マッサージ・ツボ押しでこり解消

手がこることに気付いていても、解消せずにそのままにしていませんか?普段気にならなくても、ツボらしきところをさわってみると「痛っ」なんてこともあります。今回は、手がこる人に試してほしい、ストレッチやマッサージ、ツボ押しを紹介します。

手がこることに気付いていますか?

手は体の中でとても頑張り屋さんです。でも文句をあまり言わないので、こっていることに気付いてあげられないかもしれません。家事や勉強など生活のほとんど手指を動かしています。さらにスマホにタブレット、パソコンとくればそれはそれは大忙しに指が動いていませんか?

手がこることに気付いていますか?

てのひらチェック

手のこりは、肩こりや眼精疲労とリンクしています。いつでも手軽にこりを解消できるのも手だからできることです。少しだけ労ってあげましょう。

これからその方法をいくつか紹介していきます。

まずは、手のひらチェックをしてみましょう。手全体はむくんでいませんか?親指の付け根は張っていませんか?

指先まで温かく、全体的に血行が良い場合はきれいなピンク色をしているものです。一部分だけ妙に白っぽかったり、逆に赤味が強い場合はそこにこりがある証拠です。

滞った老廃物を流してあげる必要があります。

てのひらチェック

手と腕のストレッチ

まずこりをほぐす前に大切なのは、ストレッチです。

指や手のひらはいつも曲がりっぱなしになっているので、縮こまった手の筋肉を緩めてあげましょう。ゆっくりと一本ずつ指を反らしてあげましょう。

反対にパソコンを使う手首は、反り続けています。手首は、猫の手をイメージしてぐるぐるっと回して元の位置に戻しましょう。最後に、手とつながっている腕をほぐしましょう。腕をぶらぶら揺らしましょう。

可能ならばバンザイをしてぶらぶらさせましょう。最後に、手をしっかりグーパーグーバーさせます。

血行を感じるようになってきましたか?

手と腕のストレッチ

こりのほぐし方

ストレッチができたら、今度はこりをやっつけるマッサージをしましょう。

まずは、手を揉み合わせるようにすると痛気持ち良い場所が見つかると思います。そこをゆっくり押して離してしてあげればOK。とくに、親指の付け根はこっている人が多いでしょう。

あまりの痛さに驚くポイントもあるかもしれません。その場合は無理をせず、少しずつ取り組みましょう。痛いポイントだけでなくその周辺を、滞った老廃物を流すぞというイメージでさすると良いでしょう。

次に、細かなポイントのこりをほぐします。爪の際を一本ずつ押していきましょう。

こりのほぐし方

これは使える!

机や文房具もこり解消に使えます。
例えば机、親指と人差し指のV字の部分を天板にかませると気持ちが良いです。また、消せるボールペンのゴムの部分でピンポイントでツボを押したり、目玉クリップで指先をはさんで刺激したり、ケガをしないように工夫してみましょう。

自分の目で確認しながら押せるので、手にあるツボをいくつか知っておくと良いでしょう。

女性におすすめの手のツボを2カ所紹介しましょう。

これは使える!

seed hand cream / K. B. R. https://www.flickr.com/photos/gezellig-girl/6261193918/

ツボを知ろう!

やはり手がこっている人は肩こりが心配。

肩こりに効果的なツボは、手の甲の親指と人差し指の付け根にあります。「合谷」といって、肩こり以外にも頭痛や生理不順にも良いとされているので女性は覚えていると便利なツボです。このツボは疲れのバロメーターにもなるので、お風呂で一日の疲れ度チェックをしてみるのもいいかもしれませんね。

もう一つ、女性の悩みのひとつである冷え。指先が冷たくて痺れるように感じることもあります。血流を改善するには、合谷と同じように各指と指の間を押しましょう。その名のとおり「指間穴」というツボで、押すと指先がじんじん温かくなるのを感じます。

ツボの押し方は、気持ち良い程度の力で3秒ほど真上から押してゆっくり離すだけです。手がこる人は、ハンドクリームでお手入れする時に習慣化してしまうのがおすすめです。続けていくと、肩から腕の軽さも実感できるようになると思います。ぜひ、試してみて下さい。

PR