繰り返す腕や指の痛み・・・腱鞘炎は病気です。腱鞘炎の基礎知識
320views

繰り返す腕や指の痛み・・・腱鞘炎は病気です。腱鞘炎の基礎知識

慢性的な腕や指の痛みは腱鞘炎の可能背が大!たかが腕や指の痛みと放置せずに腱鞘炎は病気という意識をもって対策や治療を行うことで改善することができます。腱鞘炎は悪化すると日常生活に支障をきたすこともあり最悪の場合手術が必要になることもあります。腱鞘炎かな?と思ったら早めの対策が必要です。

腱鞘炎は病気であり手首や指の一時的な痛みとは根本的な原因が異なります

PCでのタイピングやゲーム、手首を使った作業などを長時間続けていると手首や指が痛むことがあります。

手首にかかる一時的な負担が原因の場合、しばらく休ませると痛みは和らぎます。しかし痛みが長時間続いたり、手首の運動が制限される場合「腱鞘炎」の可能性が大。腱鞘炎は病気であり手首や指の一時的な痛みとは根本的な原因が異なります。

昔に比べ、手を使うことが多くなった現代において腱鞘炎はとても身近な症状になりつつあります。腱鞘炎になってしまうと自然治癒は難しく放っておくと症状はどんどん進行します。

腱鞘炎とは?

腱鞘炎とはなんだ!?

私たちが自由に全身の筋肉を動かすためには、“腱”が必要不可欠です。

腱とは筋肉と筋肉をつないでいる繊維の束でその周りはところどころ腱鞘といわれる筒状の組織で覆われています。腱鞘によって腱が押さえつけられることで、腱が浮き上がるのを防いでくれます。

筋肉の動きに合わせて腱や腱鞘が伸び縮みすることで私たちは腕や足を自由に曲げ伸ばしすることができるのです。

しかし、老化や頻繁に手首や指を酷使することによって腱と腱鞘の摩擦が大きくなりやがて炎症を起こしてしまいます。

すると腱の働きが鈍くなり動きが制限されたり、動かすたびに痛みが発生し腱鞘炎となるのです。そして腱鞘炎は、大きく2種類に分けることができます。

腱鞘炎の種類:ばね指(弾発指)

ばね指(弾発指)というのもあります

指の痛みや動きに関係する腱鞘炎は「ばね指(弾発指)」と呼ばれる症状です。

私たちの指が、1本1本独立して自由に動かせるのはそれぞれの指に腱が伸びているためです。指の腱は屈折腱と呼ばれ、指の曲げ伸ばしに合わせて伸縮します。

しかし、指の酷使や老化などが原因で屈折腱と腱鞘の摩擦が大きくなると炎症を起こし指の曲げ伸ばしが困難になります。

ばね指の主な症状は“指を曲げた状態から伸ばせない”“指の曲げ伸ばしがスムーズにできない”“指を曲げようとすると痛む”など。

曲がったまま戻らない指を無理に伸ばそうとすると、ばねのように跳ね上がることからばね指といわれるようになったようです。

発症年齢は30代から更年期の女性に多いとされていますが、それ以外の年齢でも発症する可能性は十分にあります。

腱鞘炎の種類:ドケルバン腱鞘炎

もう一つの腱鞘炎の症状は“ドケルバン腱鞘炎”と言われる症状です。

ばね指が指の腱に関係しているのに対して、ドケルバン病は手首の腱に大きな関係があります。手首の腱や腱鞘も指の屈折腱と同様に酷使や老化などにより負担がかかり続けると炎症を起こします。

すると、手首のスムーズな曲げ伸ばしが制限されたり痛みを伴うようになりドケルバン腱鞘炎が発症します。ドケルバン病腱鞘炎は主に親指の方向に突っ張ったような違和感を感じたり、親指から手首にかけて痛みが強くなる傾向があるとされています。

発症は男性よりも女性に多く、妊娠の産前産後や更年期に表れやすい症状でもあるようです。

腱鞘炎の前兆

腱鞘炎にも前兆があります

腕の痛みや指の痛みが主な症状である腱鞘炎は病気という実感が薄いまま進行することも多い症状ですが、完治には適した治療や対策が欠かせません。

・手首や指を使い始めるとすぐに痛み出す
・動かすたびに違和感がある
・腫れている
・痛みとともに熱を持っている
・赤ちゃんや動物を抱っこすると痛む
・朝起きると指が動かせない

などの症状が気になったら腱鞘炎の可能性を疑ってみましょう。

簡単な腱鞘炎チェックテスト

また、ドケルバン腱鞘炎は自分で簡単にチェックすることもできます。指が内側を向くように、親指をほかの指の中に入れた状態の握りこぶしを作ります。そのままの状態でこぶしを小指の方向に傾けます。

これはフィンケルシュタインテストという腱鞘炎の判断に有効とされている有名なテストなのですが、痛みを感じた場合、腱鞘炎である可能性が非常に高いと考えられます。

腱鞘炎を悪化させないためには、早期の発見が肝心です。たかが指の痛みや手首の痛み・・・と軽視せずに痛みや違和感が続く場合早めに専門医による診察を受けましょう。

PR