あかぎれの原因は冷えと乾燥!日頃のケアであかぎれは予防できる
61views

あかぎれの原因は冷えと乾燥!日頃のケアであかぎれは予防できる

あかぎれの原因は冷えと乾燥が主な原因です。冬は寒く乾燥しているためあかぎれに悩む人が急増します。ひびやあかぎれに効果のある薬の塗布で治療はできますが、予防する事が先決です。効果的な予防方法についてご紹介します。

あかぎれやひびが何故できるのか

あかぎれの原因は乾燥と冷え

あかぎれの原因は乾燥と冷えですが、冬場に手足が乾燥して辛いという声が多く聞かれます。乾燥した状態で何のケアもしないと皮膚組織が壊れてしまいます。肌にひびが入ると水に浸かるたびに痛みがあり、日常生活にも支障を来します。

同じ環境下にあっても、ひびやあかぎれができる人とできない人がいます。体質も大きく関係しますが、血行不良が主な原因です。血の巡りが悪いと末端まで血流が行き届かないため、しもやけにもなり易くなるのです。

温度差も大きな原因の一つです。最高気温と最低気温の差が10℃以上の環境下で発症しやすいので、水にぬれた状態で放置しない様に注意が必要です。

あかぎれが発症しやすい体の部位

踵が白くガサガサして来たら要注意

ひびやあかぎれは乾燥が進むと起こりやすいため、皮脂の分泌の少ない部位にできやすいのです。特に踵や指先、指の関節にできやすいのが特徴です。踵が白くガサガサして来たら要注意です。また指先はお湯を使った台所仕事をすることが乾燥を早め、洗剤が皮脂を根こそぎ奪い取ってしまうため乾燥を悪化させます。

乾燥することで表皮がバリアの役目を果たせず、皮膚組織の奥まで乾燥させてしまうことが原因です。保湿効果を失った肌はダメージに弱く、様々な肌トラブルの原因となるのです。

あかぎれに効く治療法と予防方法

あかぎれやひびは放置すると出血するなど重症化

あかぎれやひびは放置すると出血するなど重症化してしまいます。そうなる前に適切な処置が必要です。ぱっくりと開いた亀裂は傷です。肌のターンオーバーが追い付かないことが原因なので、肌ケアが重要です。酷くなったひびやあかぎれには有効な薬が市販されていますので、ドラッグストアで症状に合った薬を紹介してもらうことが肝要です。

あかぎれやひびは女性に多く、昔ながらの軟膏が効果があります。薬局でなくともコンビニなどでも手に入るので、あかぎれが出来たらすぐに購入して塗布する事が望まれます。放置する事で修復が困難な程に悪化するので、早めの対策が重要です。

乾燥をそのままにしないことがあかぎれを防ぐ有効手段です。顔と同様に補水と保湿で肌は健康な状態を保ちます。ビタミンEが配合されているクリームで保湿を心掛け、台所洗剤を使用する際はゴム手袋を使用するなどして、大切な皮脂が失われない様に工夫が必要です。

お風呂上りや水仕事の後は、念入りに水分を拭き取り、良く乾燥させてから肌ケアをします。濡れたまま放置することで乾燥を早めますので、注意が必要です。

子どものあかぎれ対策

子供のあかぎれは、主な原因として考えられるのがビタミンA及びEの欠乏症

子供のあかぎれは、主な原因として考えられるのがビタミンA及びEの欠乏症です。ビタミンAとEを多く含む食材を料理に摂り入れる事で少しずつ改善して行きます。酷くなった場合は、大人様の薬は使えませんので、皮膚科に行くことが望まれます。ただ、初期の段階では子供用のワセリンが有効です。乾燥から柔らかい肌を守りますが、治療中は痛みを伴うこともあるため、小さな子どもが嫌がらないやり方を見つけながら処置する必要があります。

普段から栄養のバランスに気を付けてあげる事が何よりも重要です。好き嫌いの多い子供はその分様々な欠乏症に悩まされます。好き嫌いをなくす様工夫する事で、健康な身体になっていくのです。

PR