指がむくむ原因は身体の中に水分が溜まっているから!隠れた病気があるかも
262views

指がむくむ原因は身体の中に水分が溜まっているから!隠れた病気があるかも

指がむくむ原因は身体の中の水分が排出されていなかったことが原因でした。水分の過剰摂取やアルコールの過剰摂取でも起こります。その他にも腎臓機能の働きが悪かったり、関節リウマチ、肝硬変などが原因でむくんでいる可能性も考えられるので軽く考えずに病院を受診しましょう。

もしかすると隠れた病気があるかもしれません

軽く考えていませんか?

指のむくみぐらい大した問題ではないわと軽く考えてしまう方がほとんどではないでしょうか。指は血液が流れにくい場所であるため、むくみやすい場所でもあります。寝ている間は、身体をじっと横たえているため、特にむくみやすくなります。そのため、朝起きると指先にむくみを感じることもあります。

指輪が入らない!

指輪が抜けなくて浮腫みがわかる

自分の指のむくみに気がつくのは、普段つけている指輪が入らなくなった時や、つけていた指輪が抜けなくなってしまったときではないでしょうか。指がむくんでいるときは、指だけ部分的にむくんでいるのではありません。全身がむくんでいる状態でもあるのです。試しに自分の顔を鏡で見てください。いつもより顔がむくんで大きく見えませんか?

指がむくむ原因

水分が溜まっている状態

立ち仕事は浮腫みやすい

指のむくみは、身体の中の水分が溜まっている状態です。指がむくむ原因として考えられるのは、大量の水分を摂取した場合や、前日に飲み会などがあり、アルコールを飲んだ場合、座りっぱなしや立ちっぱなしの仕事などを長時間行った場合、身体の基礎代謝が落ちている状態であるときです。事務職などデスクワークが一日の大半だという方や、看護師や美容師など一日中立ち続けている仕事をされている方の場合、指だけではなく足などもむくんでいるのではないでしょうか。

ネフローゼが原因

指がむくむ原因には、腎臓の機能が悪くなるネフローゼという病気があります。指だけではなく身体全体にむくみが出てきます。タンパク質の量を減らしたり、薬物療法で治すことができます。

肝硬変が原因

アルコールを過剰に摂取することによって肝硬変になってしまうことがあります。腎臓機能の働きが悪くなると、身体に水分が溜まるため、指にむくみが出ることもあります。ビタミン剤や薬物で症状を治すことができます。

関節リウマチが原因

マグカップやお茶碗、箸などを持とうとした時、関節が曲がらないことがあります。指の関節がむくみではなく腫れている状態です。このような場合には関節リウマチの可能性も考えられます。

指のむくみを予防するには

指のむくみを予防する方法があります。前日の夜遅くや寝る前に、飲食をするとむくみやすくなるので、避けましょう。特にデートなどの大切なイベントが翌日控えている場合は、深夜の暴飲暴食はやめましょう。

冬場やエアコンをつけた夜はむくみやすい

寒いと浮腫みやすい

身体の新陳代謝が悪くなると、指がむくみやすくなります。冬場、寒い外気に触れた時や、夏の暑い夜、部屋の中でエアコンを一晩つけていたときなど、身体が冷たくひえてしまうため、血行が悪くなり、指がむくみやすくなります。冬であれば、手袋をつけると指のむくみ予防になります。指が冷えたら、洗面器にぬるま湯を入れてその中に手を入れ、ハンドマッサージをすると指のむくみを解消することができます。

指がむくんだら

指がむくんだら、手をぶらぶらと動かしたり、片手じゃんけん、ハンドマッサージをするとよいでしょう。血流が改善されるので、指のむくみをとることができます。

睡眠不足もいけません

睡眠不足の日々が続くと、腎臓の機能の働きも悪くなり、指がむくみやすくなるので、しっかりと睡眠を取ることが大切です。

PR