あなたを悩ませる…手や指に痺れが出る病気を紹介
296views

あなたを悩ませる…手や指に痺れが出る病気を紹介

手や指に痺れが出る病気について困っている。それを加齢やストレスのせいだと起こっていませんか?もしかしたらそれはあなたが気づいていないだけで病気の可能性もあります。今回はそんな手や指の痺れを生み出す病気を紹介していこうと思います。

手や指に痺れが出る病気を紹介していきます

軽く考えてはいけない手や指の痺れ

短時間で手や指の痺れが回復するのは、脳梗塞の前触れかもしれません。その病気の事を『一過性脳虚血発作』といいます。手や指の痺れが出る病気で一番多く注意が必要な病気です。動脈硬化により、脳や身体を流れる血管が詰まると、血圧の変化が原因で脳への血流の流れが悪くなる事があります。その時、手や指に痺れを感じてしまうのが『一過性脳虚血発作』です。

ほとんどの場合、脳の血管がすぐ詰まるということはないので、すぐに痺れが回復します。しかし放っておくと、いつ動脈硬化や脳梗塞が発症するかわかりません。手や指の痺れを軽く考えずに、早期に精密検査をする必要があります。それが『一過性脳虚血発作』という病気です。

8197e1e395660e955ddcbb764a820d52_s

神経を圧迫することで起こる手や指の痺れ

手のひらや指に痺れるような痛みを感じるようなら、神経の圧迫が原因の可能性があります。神経は骨や筋肉、人体などの身体の隙間を埋めるように張り巡らされています。それが人体の各部分に繋がり、連動しているのです。

その神経がなんらかの原因で通り道が圧迫されると手のひらや指の痛みとなって身体に影響が出てきます。そんな手のひらや指の痛みの病気の代表として紹介するのが『手根管症候群』です。『手根管症候群』は朝目覚めたときなどに、手のひらや指に痛みを感じる事から病気は始まります。それが進行すると、痛みは強くなり、物を掴む力にも影響が出てしまいます。手や指の筋肉が動かせなくなってしまうからです。『手根管症候群』は手首や手のひらにある神経が何らかの原因で圧迫される事で起こる病気です。

圧迫の原因は手の過剰な使用による関節部分の炎症やシコリ、骨折などが多いようです。ほかにも糖尿病など神経に影響を与える病気が原因で起こる可能性も否定できません。専門医による判別な必要な病気なのです。

手の痺れによって、ペンや箸が持てないほど……

84a8abd75509f65e0d495b41325a5366_s

首の痛みから始まり、症状が重くなると手の痺れや指の痛みが発症してしまう。その影響でペンや箸が持てなくなったり、思うように使用できなくなってしまう。そんな恐ろしい病気が『変形性脊椎症』です。

脊椎に負担がかかり、椎間板が損傷し、脊椎が変形してしまう病気です。変形した脊椎によって神経が圧迫されると、手や指の痺れや痛みとなって身体を襲います。最悪の場合、歩行も難しく寝たきりになってしまう恐れもあります。脊椎は損傷すると回復が難しいため、早期に治療を行う必要があります。気づいたら、すでに手遅れになってしまった……。手や指に痺れのときは手遅れかもしれない。そんな恐ろしい病気の1つが『変形性脊椎症』なのです。

身体の訴えを見逃さないために

5a084a93cdfef3d66cf4238e518a6ff9_s

手が痺れたり、痛みを訴えたりするのは加齢や手や指の使いすぎかもしれません。しかし、もしかしたら病気のサインである可能性も否定できません。普通の人が気づくのは難しいかもしれませんが、少しでも気になることがあったら、すぐに病院に行って専門医に相談してみましょう。

早期に相談したほうが、症状を発見しやすく、治療もしやすくなります。遅く病院に行くより、早期に治療に専念したほうが回復も早くなります。手や指の痺れを感じたら、病気かもしれない……。そう疑ってみる気持ちを少しだけ持ってみるようにしましょう。

PR