痒くて辛い・・手のひらに水泡の対策とは?そもそもなぜできてしまうの?
301views

痒くて辛い・・手のひらに水泡の対策とは?そもそもなぜできてしまうの?

手のひらが痒くて見てみたら水泡のようなものができていたということはありませんか?手のひらが痒いと作業が手につかなくてとても嫌ですよね。どうしてこのような水泡ができてしまうのかという原因や、手のひらに水泡の対策方法についてまとめてみました!原因や対策法をしっかり知って毎日を心地よく過ごしてくださいね!

手のひらに水泡の対策をする前に原因を知っておこう!

手のひらに水泡や赤いプツプツなどができてしまうことがあります。それは手湿疹と呼ばれるもので、ただの肌荒れなんかではありません。そのため、肌荒れ用の処置をしても治りがよくなかったりします。水仕事をしている方に多く見られるんだとか!職業柄水に触れている時間が長い方、主婦の方などは要チェックです!

原因は皮脂不足!?

手のひらに水泡

水に触れている時間が長いとなるということから皮脂不足が原因として考えられています。食器を洗うときには洗剤を使ったり、お風呂ではシャンプーやせっけんなどを手に付けて洗うと思います。この時にどんどん手のひらの皮脂が取れてしまっているんだとか。皮脂はあまり良いものとしてとらえられていませんが、皮膚を守るという大切な役割を果たしています。肌荒れを普通しないのもこの皮脂が肌のうるおいを適度に保ち、皮膚と保護しているからなんです。

この皮脂がなくなってしまうと、皮膚を守るバリアがなくなってしまうので、皮膚に細菌が入り込んでしまったり、肌荒れを起こしやすくなってしまいます。バリアがなくなってしまうことによって、肌は野ざらしの状態になり、アレルギー体質の方は、手のひらがアレルギー反応を起こして、水泡や発疹ができてしまいやすくなります。

手湿疹の対策方法とは?

水仕事のときには手袋

皮膚科に行くと塗り薬をもらうことができます。使用方法を守りながら使い、水仕事をする際には、手袋などをして直接手が水に触れないようにしましょう。痒くても患部を触らないように気をつけましょう。バリア機能の衰えた手のひらを刺激になるようなものに付けないようにすることが一番の対策方法です。

膿んでしまったら掌蹠膿疱症かもしれない・・

掌蹠膿疱症とは・・!?

手のひらにできたものがただの水泡ではなく膿がたまってしまっているようなものの場合は掌蹠膿疱症である可能性が高いです。掌蹠膿疱症は、膿がたまった膿疱という皮疹がて平全体にできてしまうものです。痒みがある場合があります。

掌蹠膿疱症の原因は慢性化膿性病巣・・!?

掌蹠膿疱症の原因は不明ですが、慢性化膿性病巣である可能性が高いということが考えられています。慢性化膿性病巣というのは慢性的に細菌に感染した状態が続くというもので、掌蹠膿疱症の場合は手のひらに細菌がずっと存在していることによって、手のひらに膿がたまってしまう掌蹠膿疱症が起きてしまうのです。

感染はしないの!?

水疱瘡などは水泡などを割ってしまうと広がってしまいますが、掌蹠膿疱症は違います。掌蹠膿疱症の膿の中には感染につながる細菌は含まれていないので他の部分に感染することはありません。膿も自然に固まっていき、最後はかさぶたのようになって取れていきます。気にはなりますが、他人に危険が及ぶことはありません。ただし、膿が気になって自分で割って膿を出そうとすると、一時的に膿の中の細菌が増え、膿疱が大きくなってしまったり、ぐじゅぐじゅになってしまうこともあるので気をつける必要があります。

手のひらを健康に保つためには

手のひらにクリームやオイルで保湿

手を洗うときの水の温度は冷たすぎてもあたたかすぎても駄目です。適度なぬるま湯で洗うようにしましょう。手を洗った後は顔と同じようにしっかりクリームやオイルなどで保湿をしてあげることが大切です。今日から実践してみて下さい!

PR