どうする?どうすればいい?子供の喘息の原因とその対処法・予防法について
74views

どうする?どうすればいい?子供の喘息の原因とその対処法・予防法について

子供がアレルギーと診断された場合に併発するのが喘息です。子供の喘息は一般的に1歳から3歳までがピークだと言われていますが、その間はどのような対策をとればよいでしょうか?子供が喘息になったらどうする?喘息を予防するためにはどのようなことがあるのでしょうか?子供の喘息についてまとめました。

子供の喘息について

子供が「ゼー、ゼー」「ヒュー、ヒュー」といったような音や声を発しながら呼吸しているときは喘息を疑います。

これは、気管支が細くなってしまい、いつも通りの呼吸が出来ない状態であります。こういった状態のときに喘息と言います。小さい子供であれば、それだけ気管支が細くなっているために、何かしらの原因でそのような状態を発症させるのです。

喘息の原因は何でしょうか?

子供の喘息のピークは0歳から3歳までであると言われています。

喘息を発症している子供の多くは、アトピー性皮膚炎などを併発している場合が多いのです。そのために、喘息とアトピーが関連しているというところから、喘息とアレルギーに関係性があるとされ、現在では子供の喘息の原因のほとんどがダニやほこりによるアレルギーであるとされています。

3歳までが一番のピークです

3歳までが一番のピークです

当然のことながら、子供の気管支は細いもので、さらにわずかのダニやほこり、ペットの毛などでも過剰に反応してしまいます。ただし、年齢を重ねるにつれ、そのアレルゲンに対しての抵抗力も増していきますので、個人差はありますが、そのうちにこのアレルギーも過剰に反応しなくなるケースが多くなります。

親が注意深く様子を見て!

親が注意深く様子を見て!

両親がアレルギーを持っている場合には、咳や呼吸などに対しての異変について理解がある可能性があります。

しかしながら、風邪などが悪化しているなどと勘違いされてしまうことがあります。子供の喘息の場合、昼間は何の異常もなくいつも通り生活していたとしても、夕方過ぎになるとこのような発作が起こるケースも多いのです。

体調が悪い、良い、その時の天候やいつ咳が起こるのか、などについても一緒に生活している大人が気が付いてあげることで、早めに対応をすることが出来るのでしょう。

もしも子供が小児ぜんそくと診断されたら?

もしも子供が小児ぜんそくと診断されたら?

もしも自分の子供が小児ぜんそくと診断されたときには、きちんと対策を講じる必要があります。生活の中で気をつけるべきことを理解し、実行すれば、喘息も重症化する確率が減ります。

掃除をこまめにする

小児ぜんそくの主な原因はハウスダストです。

つまり、ダニなどの死骸、ホコリなどなのです。ダニが好む湿気、温度が高い場所は特に気をつけて掃除するように心掛けましょう。簡単ではありませんが、お部屋をカーペットにしない、お布団はこまめに干す、などだけでも効果があります。

最近では、こういったハウスダストまで吸いこむ吸引力の高い掃除機や布団用の掃除機なども販売されています。こういったものを利用することも一つの手ですね。

掃除をこまめにする

換気をこまめにする

閉じ込められた空間にはホコリが巡回するようになります。ですから、換気をすることで、そういったホコリなどを外気へ出すようにすることが必要です。

暖房器具や空調機などを検討する

暖房器具もエアコンなどのホコリを散らすものではなく、床暖房やオイルヒーターにする、あるいは空気清浄機などで常に部屋の空気を綺麗に整えておくなどの環境を整えてあげましょう。

アレルギー検査をしましょう

もしかしたら、ハウスダスト系のアレルギー以外にもアレルギーがある可能性があります。喘息や発作を起こさないためにも、きちんとアレルギー検査をしておくことも大切です。

PR