ただの夏風邪ではなかった!夏に肺炎になる原因は部屋のカビでした!
132views

ただの夏風邪ではなかった!夏に肺炎になる原因は部屋のカビでした!

夏風邪は治りにくいと思っていたら、それは過敏性肺炎の可能性かもしれません。夏に肺炎になってしまう原因は、部屋のカビが影響しています。肺炎の原因となるカビが室内で繁殖していると、カビを除去しない限り、肺炎が治りません。古い住宅やエアコンの中にカビが繁殖してしまうため、注意しましょう。

夏に肺炎になってしまう原因とは?

咳が止まらないのが特徴です。

咳が止まらない

夏に肺炎になってしまうほとんどの原因が、部屋で繁殖してしまったカビが要因です。

特に自宅にいる時、咳が止まらなくて苦しいという方は、室内にカビが繁殖しているせいかもしれません。家から出て、外に出た途端、咳が治まることもあります。

自宅では咳込むほど苦しかったのにも関わらず、オフィスに来たら調子がいい!という方は、自宅にカビが繁殖している可能性があります。

家にいることが長いお年寄りや専業主婦、小さな子供達が夏型過敏性肺炎になりやすい傾向があります。

夏に肺炎になってしまうカビの名前とは?

カビの繁殖しやすい住環境に住み続けていると、夏に肺炎になってしまうのです

トリコスポロンというカビは夏型過敏性肺炎を引き起こす原因菌でもあります。気温が20度以上で湿度が高くなると、菌が活発化しどんどん繁殖していきます。

胞子を室内に飛ばしていくため、エアコンの中にいる場合には、送風口から菌を部屋中にばらまくことになります。このカビはお風呂場や台所、エアコンの内部で増えてしまうやっかいな菌で、この菌を吸い込むことによってアレルギー性の肺炎になってしまうのです。

また古い住宅の場合、家の木が腐って湿っていると、菌が繁殖しやすくなります。湿った床の下や畳の中にも生息しています。古い住宅だけではなく、新しく建てられたマンションなどの建物も要注意です。

機密性の高い建造物の場合だと、定期的に部屋の換気を行わないことで、カビが繁殖しやすくなってしまうからです。

カビの繁殖しやすい住環境に住み続けていると、夏に肺炎になってしまうのです。

菌を繁殖させないためには換気が必要

こまめに部屋の中を換気

夏肺炎の原因となる菌を繁殖させないようにすることが、夏肺炎の一番の予防方法でもあります。

そこで、部屋の中の湿度を下げる必要があります。

こまめに部屋の中を換気したり、エアコンの掃除を専門業者に依頼したり、エアコンのフィルター掃除は定期的に行うことが必要です。

古い住宅に住んでいる場合には、家の木が腐っている場合には、腐った木を取り除き、家の修繕を行いましょう。

またすでに菌が繁殖している場合はアルコールで消毒を行うことが大切です。

また機密性の高いマンションの室内でも、カビが繁殖しやすいので、普段からこまめに室内の風通しをよくすることが大切です。

お風呂場は入浴後、壁についた水滴をタオルで拭き取るとお風呂場のカビの繁殖を抑えることができます。

お風呂場に窓がない場合は、一日中換気扇を回しておくとよいでしょう。

夏肺炎の症状があれば病院で完治させましょう

夏肺炎の症状があれば、病院を受診しましょう

咳が続いたり、起床後、鼻水が出るなどの夏肺炎の症状があれば、病院を受診しましょう。

また完治するまでしっかり薬を飲み、完全に治しましょう。

夏肺炎は夏風邪だと誤診されやすく、風邪薬や抗生物質が処方されることが多くなります。

一時的に治ったかのように見えますが、また症状が出てくる場合もあります。X線検査ではあまりはっきりと診断できないケースも多いので、呼吸器科の専門医に診てもらうとよいでしょう。

受診の際は、咳がなかなか止まらないことや、風邪の症状が長引くこと、夏肺炎の可能性があることを医師に伝えるとよいでしょう。

夏型肺炎は喫煙をすると症状が悪化しやすく、病気が慢性化しやすくなってしまいます。

肺炎が完治するまで、タバコは控えた方がよいでしょう。

PR