アトピー型喘息とはアレルギー反応による喘息のこと☆対処法には食事も有効
120views

アトピー型喘息とはアレルギー反応による喘息のこと☆対処法には食事も有効

アトピー型喘息とはアレルゲンによって発症する喘息のことです。アレルゲンとして花粉、ホコリ、ダニ、カビなど多岐にわたり、室内外に存在します。予防策としては体内にアレルゲンを侵入させないことが基本となります。さらに、体の冷えや便秘、腸内環境の悪化によって血流が悪くなることで発症リスクが増大します。

アトピー型喘息とは?

アトピー型喘息はアレルゲンが体内に入って30分以内に起こる即時性アレルギー反応による喘息のことです。

アレルゲンとしてはホコリ、花粉、ダニの死骸、カビなど室内外や季節を問わず存在します。ただし、アレルゲンが特定しやすいために再発を防ぐことが比較的容易であるという特徴があります。

また、乾燥によってリスクが高くなることもわかっているので室内であれば部屋の湿度を保つということだけでもリスクを軽減することができます。

野外でのアトピー型喘息の予防法

アトピー型喘息は野外と室内で予防法が変わってきます

Hay fever / mislav-m https://www.flickr.com/photos/mislav-marohnic/7278799218/

アトピー型喘息は野外と室内で予防法が変わってきます。

とくに野外では特定の場所だけでなく季節によって対処ポイントが変わっていることもあるので注意が必要です。しかし、主な対処法としては体内にアレルゲンとなるホコリや花粉、動物の毛などを入れないことが基本です。

そのためにはマスクをしたりメガネをするなどして、とくにアレルゲンが粘膜に付着することを防ぐことが大切です。季節としては春先や冬などの風の強い日や乾燥が強い日はとくに注意が必要です。不要不急な場合には、そのような時間帯に外にでないということも有効な手段です。

どうしても出る場合にはアレルゲン植物の少なく、さらに地面がアスファルトでないルートを選ぶようにしましょう。地面がアスファルトの場合は土に比べてアレルゲンとなる花粉やホコリが長時間に空気中を舞っていることがあるからです。

室内でのアトピー型喘息の予防法

湿度を高く保つ

Baby And Humidifier / aqua.mech https://www.flickr.com/photos/aquamech-utah/24704632739/

室外に比べて室内ではより環境をコントロールすることができるので、きちんと対処することでアトピー型喘息を予防することは比較的容易にできます。とくに大切なことはこまめに掃除をすることと湿度を高く保つことです。

空気の乾燥はホコリやカビなどのアレルゲンを空中、高く舞う原因になります。一方で水分を多く含んだ湿潤な空気はより重くなるためにアレルゲンが床に蓄積しやすくなり、そんために吸い込むリスクが軽減します。

部屋の温度をより高くして湿度をあげることでより多くの水分を空気が含むことになるため、より高い効果が期待できます。

体の冷えもアトピー型喘息を誘発させる

体を冷やさないことが大切

Le bain / strelitzia — https://www.flickr.com/photos/strelitzia/281490423/

アトピー型喘息の原因はアレルゲンが体内に侵入することが物理的な要因ですが、その他にも免疫力の低下や排泄、排毒力の低下によってもアトピー型喘息のリスクは高くなります。

体内からアトピー型喘息に強くするためには体を冷やさないことが大切です。とくに上半身と下半身の体温の差が大きくならないようにすることは有効です。

少し前に冷えとり健康法が話題になりましたが、この健康法にある半身浴と靴下の重ねばきはアトピーの改善にも有効です。

体を温めて免疫力が高くなると多少のアレルゲンに敏感に反応することがなくなるからです。

便秘や腸内環境の悪化防止には新鮮な野菜と果物が有効

Wall_Food_10473

Wall_Food_10473 / Michael Stern https://www.flickr.com/photos/68711844@N07/15637894679/

また、アトピー型喘息の予防には便通も大きく関係があります。

アトピーは便秘を含む腸内環境の悪化に伴って症状が悪化したり、症状が発症しやすくなる特徴があります。そのため、食事では食物繊維をしっかりと摂取することとともに胃腸の運動を妨げる冷たいものや精製された砂糖や塩の摂取を控えることが大切です。

一方で天然塩や自然塩は排泄力を向上させる作用があるため積極的に摂取することが求められています。精製された炭水化物を多く含む食事も便秘の原因の他、ビタミンやミネラルが不足しがちになるためアトピー型喘息になりやすい人はとくに注意して新鮮な果物や野菜を摂取することを心がけましょう。

PR