秋は咳が急増!原因は冷え!体を温かくしてしつこい咳を解消しよう!
63views

秋は咳が急増!原因は冷え!体を温かくしてしつこい咳を解消しよう!

秋は咳が急増する季節です。原因は急激に気温が低くなるためです。咳を予防するためにはマスクやマフラーが効果的です。咳が止まらないときには首や足首などと温かくしたり、体を温める食べ物や飲み物で対処しましょう。白湯やショウガ紅茶はとくにオススメです。

秋は咳が急増する原因は寒さ

秋は咳が急増する原因は寒さ

秋になるとマスクをしている人や咳をしている人が増えてきます。

急激に寒くなることで風邪を引く人が増えることも要因ですが、秋の咳は風邪のせいだけではありません。それは急激に低くなる気温のために起こることです。

とくに、秋の咳はしつこく、こじらせると呼吸器を傷めたり、感染症にかかりやすくなることもあるので早めに咳を止めるようにしましょう。

急激に下がる気温は肺にストレス

秋は日中はそこまで冷え込むことはありませんが、朝晩の冷え込むは急に強くなります。

このような秋の低い気温にいち早く反応する器官は肺です。ヒトの内臓は冷えると機能が低下しますが、これは肺にも言えることです。気温が低くなる秋、肺は呼吸するときに冷たくなった空気を取り込むため、冷たい空気を直接感じます。

このような冷たさは肺にとって大きな環境ストレスになります。このような環境ストレスを受けているために肺は咳をして体の異変を教えてくれているのです。

予防にはマスクが有効!

予防にはマスクが有効!

冷たい空気を取り込むことで肺が冷えることが原因になるため、咳を予防するためにはなるべく冷たい空気を取り込まないことが基本的な予防策になります。

このときに有効なのがマスクです。マスクは薄い生地ですが、冷たい外気が直接体内に入ることを防いでくれます。また、感染症が流行しやすい時期でもあるので、感染症対策としてもマスクは有用です。

秋の咳が止まらないときの対処法

熱や下痢など、他の風邪の諸症状がないのに、咳だけが強く出てしまうときには温めることが効果的です。

「首」と名の付くところを温める

咳が出るのは首が冷えているからかも知れません。

首が冷えていると冷たい空気がそのまま肺の中に入ってしまいます。少しでも冷たい空気の害を減らすためには首を温かくして冷たい空気を少しでも温かくして体内に取り込むようにしましょう。

そのためには、首元を出さないような服を選ぶか、マフラーなどで首を外気にさらさないようにすることが効果的です。また、首だけでなく手首や足首も同様に温めることでより高い効果が期待できます。

体を温める効果のある食べ物で改善する!

秋のしつこい咳は次のような食べ物でも改善することができます。

【1】黒ごま

黒ごま

古来から滋養強壮によい食べ物として黒ごまがあります。

黒ごまは多くの栄養が豊富に含まれているが、それだけではなく体を温める効果にも優れています。一日大さじ3杯程度、よく噛んで食べることで高い効果が期待できます。

【2】生ハチミツ

生ハチミツ

秋の咳には生ハチミツも有効です。

生ハチミツは豊富な乳酸菌と殺菌効果で有名ですが、それだけでなくお腹を温めて、機能を回復させる効果もあります。黒ごまと同様、滋養効果のある食べ物として世界中で親しまれてきました。高い効果のために、生ハチミツは出来るだけ単品で空腹時に摂取し、一度に大さじ1から3杯を目安に食べましょう。

【3】ショウガ紅茶

ショウガ紅茶

体を温めるためにショウガ紅茶も有用です。ショウガ紅茶は体を温めるだけでなく利尿作用によって、水分代謝を促す役割もしてくれます。そのため、むくみにも効果があります。

【4】白湯

冷えた肺を温めるにはのどや胃腸を温めることが有効です。

簡単な方法として白湯を飲むという方法があります。白湯は10分以上沸騰させた水を50度程度に冷まして飲みます。よく沸騰させることでのどへの負担を減らし、胃腸への吸収がよくなります。

PR