過呼吸症候群の対策とは?意外と知らない隠れ過呼吸の怖さに迫ります!
246views

過呼吸症候群の対策とは?意外と知らない隠れ過呼吸の怖さに迫ります!

過呼吸症候群の対策を行うためには、普段から過度なストレスを溜めないなどの心がけが必要です。本人は気づいていない問題でも、もしかしたら隠れ過呼吸として体の中に潜んでいる事も少なくありません。万が一過呼吸が発生した際には、冷静に適切な対応ができるよう、正しい知識を身につけておくようにしましょう。

過呼吸症候群を避けるには

過度なストレスを溜めない

過呼吸症候群の対策としては、まずストレスを溜めないという点が挙げられます。とは言え人間として生活している以上、ストレスが全く無いという人も少ないでしょう。ここで取り上げられるのは、一般的に持ち合わせる必要の無い、精神的に不安定になるような過度なストレスというものを溜め込まないという事です。

ストレスが過呼吸を招く

過呼吸症候群になる人の特徴として、元々頭の中で考えていた不安が実際のものとなり、突然呼吸が乱れてしまうというものが挙げられます。これはストレスによって引き起こされる自立神経の異常作用であり、単に息が吸えないのではなく無意識のうちに息を吸うことを忘れてしまう状態と言えるでしょう。

理解のある人が周りにいる環境を

もちろん過呼吸になった人は非常に辛い状態ではありますが、体において大きな異常をきたしているわけではありません。あくまで精神的な心のバランスが崩れ、まともな呼吸が出来なくなっている状態であることを、周りにいる人たちが理解する事が大切です。それと同時に、過呼吸を引き起こさないよう、精神的ケアにも協力してもらえる環境を整えましょう。

普段から注意できる過呼吸症候群

こんなことになっていませんか?

過呼吸症候群は普段から注意・予防できる問題でもあります。例えば普段何気ない会話の中でも突然呼吸が速くなる、といったもの。同じく日常行動の中でも息苦しさを訴えるようであれば、隠れ過呼吸の前兆があるかもしれません。立ちくらみが増えた、めまいを感じる時がたまにある、という人も要注意です。

日頃たちくらみやめまいを感じている人は要注意

意外と見逃しがちなのが、ふいの眠気や頭痛といったものです。これらは本人の口から言われないと気づけない部分でもあるため、会話の途中で何か異変を感じたら聞いてみるとよいでしょう。同様に、ぼーっとする時間が多く見られるようであれば、普段からの注意勧告が大切です。普段からこのような症状に悩んでいる人は近くにいませんか。

死の恐怖を体験していると・・・

過呼吸症候群によって死の恐怖を体験していると、ふいにフラッシュバックしてしまう事が少なくありません。これは精神的なものに限らず、激しい運動などにより呼吸が乱れ、息が吸えなくなるという恐怖を味わった場合に見られます。小さな頃の出来事だからもう大丈夫、という方も、大人になってから突然発症する場合があるので注意しましょう。

過呼吸症候群を発症したら

落ち着いて呼吸を整える

過呼吸症候群を発症したら、まず落ち着いて呼吸を整えるようにしましょう。ポイントは深く深呼吸するのではなく、浅い呼吸をゆっくりと行うことです。過呼吸になっている状態ですから非常に難しい問題かもしれませんが、まずは意識をしながら少しずつ呼吸の状態を元に戻せるようにしましょう。

過呼吸はまず深呼吸でなく落ち着いて浅い呼吸を

過呼吸によって失われた二酸化炭素が、浅い呼吸によって体内に入ってくると、少しずつ呼吸を整えられます。一緒に行動する人はあくまでサポート役に徹し、「大丈夫ですか」と話しかけながら意識をこちら側に持っていくよう仕向けてください。慌てず騒がず傍にいてあげると、自然と呼吸の乱れが元に戻ってきます。

PR