過呼吸症候群の原因と対処方法、緩和方法について
200views

過呼吸症候群の原因と対処方法、緩和方法について

過呼吸症候群の原因にはストレスが挙げられます。疲れや緊張状態が原因として考えられます。過呼吸になった場合、30分から1時間ほどで症状はおさまります。症状が出た場合、深く息を吸おうとせず、ゆっくりと呼吸するよう心がけます。他に過呼吸の原因として中枢神経の異常や肺血症である可能性もあります。

どんな事で発症する?

主な原因はストレス

過呼吸症候群の原因にストレスが挙げられます。精神面において長期間に渡っての重圧や疲れ、緊張状態が過呼吸の原因という可能性も考えられるのです。また身体面においては過労や寝不足などの疲れが出ていたというケースも考えられます。そうした疲れやストレスに対し、自覚があるかどうか、というのは様々です。また、そうしたストレスや疲れがない場合でも、過呼吸が起きるケースもあります。

過呼吸症候群の主な原因はストレス

過呼吸は緊張感などが特に強くなった時にも出ることがあります。また激しい運動や発熱などといった身体にかかる大きな負担や変化により出ることもあります。過呼吸は蓄積されたストレスや急なストレスにより、自律神経が崩れることが原因として考えられていますが、その関係についての明確は証明はされていません。

血液中の二酸化炭素

過呼吸は問題なく呼吸できている状態にあっても、息苦しさを強く感じる症状が出ます。そのため、空気を吸い込み過ぎることから、血液中の二酸化炭素が不足します。それに伴いしびれなどの症状が出る場合がありますが、30分から1時間で症状はおさまるといわれています。

過呼吸の症状について

過呼吸への対処法

過呼吸の症状が出た場合、まず身体を休ませます。呼吸はゆっくりと行い、息を深く吸わないように心がけます。過呼吸は精神面での落ち着きも大きく関係します。自分自身でできるのであれば、落ち着けるような言葉を繰り返したり、再度過呼吸になる可能性を考える場合には落ち着けるようなものを事前に準備しておくなどするとよいでしょう。

過呼吸症候群の対処方法はまず落ち着くことから

過呼吸になった人にとって、大騒ぎされることが負担になることもあります。過呼吸になった人の傍にいる立場の場合には、本人がなるべく落ち着けるよう、また身体を休められるように座れる場所などを探したり、静かにゆっくりと声かけするなどするとよいでしょう。

クリニックに相談

過呼吸になった場合でも30分から一時間で症状はおさまりますが、心配や不安がある場合などはクリニックにかかるという選択肢もあります。メンタルクリニックや呼吸器科などを受診するケースが多いと思われますが、どこを受診すればよいかわからない場合はかかりつけの内科などを受診し、相談するのもよいでしょう。症状により、薬が処方されるケースもあります。

ストレスだけが原因じゃない?!

中枢神経異常や肺血症などの原因の可能性とその他の要因

過呼吸の原因の多くはストレスが原因がほとんどだといわれています。しかし、中枢神経の異常や肺血症が原因ということもあります。中枢神経の異常や肺血症については検査や診断があります。ですから可能性として中枢神経の異常や肺血症であるかを考える場合にも、そうした医療機関での診察や検査を行った上での対応になります。

過呼吸症候群の原因は中枢神経の異常や肺血症のことがある

過呼吸になった際には、クリニックでは不安神経症やパニック障害などの症状がないか検査することもあります。症状により薬を使用したり、心理療法を行ったりする治療を行います。

男性と女性の比率では、過呼吸になるのは女性の方が多いと言われています。女性の場合、ホルモンバランスが大きく関係している点が関係している可能性が高いといわれています。過呼吸は日頃の休息や睡眠が大きく関係しています。ストレスの蓄積やホルモンバランスの崩れが起こらぬよう、心がけることも大切です。また、女性の場合だけでなく、男性の場合においても心身の疲れがたまらぬよう、休息を心がけることやリラックス法を身につけておくことも覚えておくとよいでしょう。

PR