アイスや冷たいドリンクで痛い!冷たいものが歯にしみる!虫歯と知覚過敏とどう違う?
1,431views

アイスや冷たいドリンクで痛い!冷たいものが歯にしみる!虫歯と知覚過敏とどう違う?

冷たいアイスを食べたり、冷たい飲み物を飲んだときにズキッと痛むことはありませんか?冷たいものが歯にしみるのは、すぐに虫歯かも?と思うかもしれませんが、もしかしたら知覚過敏のせいかもしれません。今回は、同じ歯にしみる原因として知覚過敏を、虫歯との違いを含みながら説明します。

ズキっと痛い!!冷たいものが歯にしみる痛みとは?

冷たいものが歯に染みたら知覚過敏か虫歯か?

暑い夏になると食べたくなるアイス。喉が渇いたからと、大きな口をあけて食べてみたとたん、ズキっと冷たいものが歯にしみることはありませんか?もしかしたら、新しく虫歯が出てきてしまったのかな?と心配になりますよね。けれど、もしかしたら、それは虫歯ではなく知覚過敏かもしれません。そこで、まずは虫歯と知覚過敏の痛みの違いについて知っていきましょう。

虫歯と知覚過敏の痛みの違い

歯が染みたら虫歯か知覚過敏か症状によって見極めよう

虫歯も知覚過敏も同じ、歯の痛みには違いがありません。虫歯も冷たいものなどを食べると歯にしみますね。一方で知覚過敏も同じように冷たいものが歯にしみることが多いのです。
ただし、虫歯の場合、その痛みがなかなか収まらない、夜寝るときも同じように痛みを感じる、たたいたときにも痛みを感じるなどと口の中に何も入っていない状態でも痛みを感じることがあります。
一方で、知覚過敏の場合は、冷たいもの、温かいものに関わらず、口の中にそういった刺激的な物が入ると痛みを生じる、そしてその痛みも5秒くらいもすれば収まるケースが多くあります。また、歯を磨くときなどにも痛みを生じる場合には、知覚過敏である可能性もあります。

歯に触れるものの感触で痛みを生じる「知覚過敏」

知覚過敏とは、歯のエナメル質の部分が何らかの原因で剥がれてしまったために、歯に触れるものに対して敏感になってしまっている状態を言います。
本来なら、エナメル質の部分でバリアをされている状態ですが、そのバリアがないので、直接冷たいもの、温かいもの、あるいは歯ブラシの毛先の刺激などが、直接神経に届き易くなってしまうのです。ですから、冷たいものに関わらず、何かしらの刺激で痛みを生じることが多くなります。

知覚過敏の原因とは?

加齢や歯周病等で知覚過敏を起こしてしまう

知覚過敏の原因はさまざまな場合があります。
虫歯でエナメル質が溶かされてしまった場合、歯磨きの際の力の入れ過ぎ、歯磨き粉の使いすぎ、歯周病や加齢によるものなどの場合です。こういったことが、歯のエナメル質を溶かしてしまう、あるいは削ってしまっているために、知覚過敏となって症状に現れるのです。
また、歯医者さんに行ったときに、歯石を削ることによって、しばらく知覚過敏のような状態があるかもしれませんが、これは、さほど気にすることではありません。しばらくすると、この症状も緩和されるでしょう。

知覚過敏だったら、どうすれば良いでしょうか?

知覚過敏でも虫歯でも歯医者で治療を受けましょう

知覚過敏の原因が歯の磨きすぎ、あるいは歯磨き粉の使いすぎなどであれば、それを改善すれば、知覚過敏の症状はいずれ緩和されます。知覚過敏の間は、おそらく歯を磨くだけでもしみてしまうことがありますので、柔らかい歯ブラシを使用して、知覚過敏用の歯磨き粉を使って歯を磨くようにしましょう。

ただし、知覚過敏の原因がその他の可能性があるのであれば、一度歯医者さんへ行き、診察を受けましょう。もしかしたら、歯ぐきの病気である歯周病などであった場合、それに対応した処置をしなければ、今度は健康な歯自体もグラグラとしてしまったり、最悪のケースでは歯が抜けてしまったりする可能性があります。
知覚過敏は、きちんとケアをすれば重症化することはありません。ですから、歯がしみる原因をきちんと知って、それに合わせて対応するようにしましょう。

PR