妊娠中の歯の治療どうする?レントゲンに麻酔、赤ちゃんにどのくらい影響するの?
79views

妊娠中の歯の治療どうする?レントゲンに麻酔、赤ちゃんにどのくらい影響するの?

妊娠中の歯の治療はお腹の赤ちゃんことを考えると、治療をしてもよいのかためらってしまうのではないでしょうか?歯の治療をするときには、レントゲンをとったり、麻酔をしたりします。レントゲンは赤ちゃんにどんな影響を与えるのか、麻酔はどうなのかなど、妊娠中の歯の治療の疑問を解決しましょう。

妊娠中の歯の治療をしても大丈夫?

妊娠中の歯の治療はお腹の赤ちゃんにどんな影響があるのか心配になりますよね。レントゲン写真での被ばく量や、麻酔の注射についての影響をみてみましょう。

妊娠中に歯のレントゲン写真、赤ちゃんへの影響は?

妊娠中の歯の治療

歯の治療をするときは、まず歯のレントゲン撮影を行います。レントゲン撮影をするときの被ばくが気になりますよね。結論から言うと、おなかの赤ちゃんの被ばく量は限りなく0に近いということです。
赤ちゃんがいるお腹と、歯は距離があり、歯のレントゲン撮影をするときは、鉛の入ったエプロンをします。よって、赤ちゃんが被ばくする量はかなり少なくなります。

レントゲン写真を1枚撮影するときに出る放射線量は、およそ0.04ミリシーベルトです。デジタルX線装置の場合は、通常の装置の4分の1以下です。
国際放射線防護委員会によると、妊娠から出産をするまでの被ばく量は、10ミリシーベルトを超えないようにと勧告されています。この10ミリシーベルトを超えるためには、デジタルX線装置のレントゲン写真を1,000枚撮る必要があります。こんなにも大量のレントゲン写真を撮ることはないので、数枚のレントゲン写真であればほぼ問題ないということですね。

妊娠中の歯の麻酔、赤ちゃんにどんな影響があるの?

妊娠中の歯の麻酔

妊娠中に歯の治療をするために行う麻酔。歯に麻酔注射をすると、赤ちゃんに影響が出るか心配になりませんか?

歯の麻酔は、局所麻酔になるため、通常の使用量であれば催奇形性が認められることはありません。ただ、麻酔の効力を持続させるエピネフリンという成分については注意が必要です。麻酔薬は、麻酔自体の効力があるリドカインと効力を持続させるエピネフリンの2種類の成分でできています。エピネフリンは血管収縮作用があるため、多く使われると胎児に影響を及ぼす場合があります。しかし、歯の麻酔に使われる薬の量は8万分の1となるため、濃度が低くなり胎盤の血流量が減ることはありません。

歯の治療中に使われる薬について、もう少し詳しくみていきましょう。

妊娠中の歯の治療に使われる薬について教えて!

歯の治療に使われる薬は、麻酔薬、抗生剤、鎮痛剤の大きく分けて3つあります。麻酔薬は先ほど説明をしたので、残りの2つの薬についてお腹の赤ちゃんへの影響をみていきましょう。

歯の治療中に使われる薬と赤ちゃんへの影響

妊娠中の歯の治療薬の赤ちゃんへの影響

【抗生剤】
すべての抗生剤は、お腹の赤ちゃんに対して安全だと言い切っているものは存在しません。抗生剤の中で理論上一番危険性が少ないものは、セフェム系のものです。

【鎮痛剤】
抜歯などをした後、麻酔がきれたときの痛み止めに使われるのが鎮痛剤です。ボルタレンという鎮痛剤は、かなり効果が高いのですが死産になったケースがあるため、妊娠中には絶対に使われないものです。ロキソニンは、妊娠後期の使用が禁止されているため使わないようにしましょう。
トラブルがあまりない鎮痛剤にカロナールがあります。鎮痛効果は中くらいなのですが、安全性の高い鎮痛剤となっています。

妊娠中の歯の治療時に処方される薬については、しっかりと説明を受けてから服用するようにしましょう。

PR