親知らずは抜くの?抜かないの?
136views

親知らずは抜くの?抜かないの?

親知らずを抜くときにとても痛い思いをした、そんな話を聞いたことはありませんか?この話を聞くと、親知らずを抜くのはいやだなと感じられるかもしれませんね。 親知らずは抜くのか、抜かないのか、それは、親知らずがどのような役割を果たしているかによって異なるようです。虫歯になっても親知らずを治療して残すこともあるのだとか。では、どのような場合に抜いた方が良いのか、どんな時に残すのかをご紹介しましょう。まずは、親知らずについて知ることから始めましょう。

親知らずは抜くの?抜かないの?

親知らずを抜くときにとても痛い思いをした、そんな話を聞いたことはありませんか?この話を聞くと、親知らずを抜くのはいやだなと感じられるかもしれませんね。

親知らずは抜くのか、抜かないのか、それは、親知らずがどのような役割を果たしているかによって異なるようです。虫歯になっても親知らずを治療して残すこともあるのだとか。では、どのような場合に抜いた方が良いのか、どんな時に残すのかをご紹介しましょう。まずは、親知らずについて知ることから始めましょう。

親知らずってどんな歯?

親知らずってどんな歯?
親知らずは、10代後半から20代にかけて生えてくる歯です。人によっては全く生えてこない方もいます。また、上下4本とも生えてこないこともあります。そして、生えてきたとしても、傾いて生えてしまっていたり、あごが小さくて親知らずが生えるスペースがないという場合もあります。

では、親知らずはなぜ生えてくるのでしょうか。現代人はやわらかい食べ物を食べることが多いですが、古代では、人は硬い木の実や肉などを食べていました。そのためには、しっかりと奥歯で噛む必要があり、大人になってから生えてくる親知らずは大切な役割を果たしていました。

現代では、それほど固い食べ物を食べないため、親知らずで噛むことは少なくなってきました。そして、古代人のように小さな頃から硬い食べ物を食べていなかったので、親知らずの生えるスペースが十分にできなくなってきてしまっています。

親知らずと歯並び

親知らずは歯並びにも関係

親知らずは歯並びにも関係してくるようです。親知らずがまっすぐに生えてきている場合は良いのですが、斜めに生えてしまうと、他の歯を押してしまい、歯並びに影響を与えてしまいます。歯の矯正をするときに、親知らずが他の歯へ悪影響を与える場合は抜くことがあります。

ただ、歯の矯正で親知らずを抜くかどうかは、歯科医師によって見解が異なるため、親知らずを抜きたくないという方は、いろいろな歯科で診てもらい相談をしてみると良いでしょう。

親知らずを抜く方が良い場合

親知らずを抜くケースをいくつかご紹介

親知らずを抜く方が良いのは、親知らずを使って咀嚼をしていない場合です。斜めに生えてしまっていて、歯茎を腫らす原因となっていたり、歯周病になってしまって痛みが出てきている場合は、親知らずを抜いた方が良いでしょう。親知らずを抜くケースをいくつかご紹介します。

□親知らずが何度も腫れてしまうとき

□親知らずの前の奥歯が虫歯になってしまうとき

□親知らずが虫歯になり治療ができないとき

□まっすぐは生えているが、歯茎から中途半端に出ているとき

親知らずを残しておく方が良い場合

親知らずを残しておく場合は、親知らずを使って咀嚼をしている場合です。この場合は、親知らずが虫歯になったとしても、治療をして残すようになります。親知らずを残すケースは下記のとおりです。

□腫れや痛みがないとき

□腫れても真っ直ぐに生えているとき

親知らずを抜くかどうかは、年齢とともに変化していきます。若いときには問題がなかった場合でも、歳をとって親知らずが腫れて抜くことになることもあります。定期的に歯科健診で医師に診てもらい、虫歯や親知らずのチェックをしてもらうと良いでしょう。

PR