どうしよう!歯が欠けた時はいったいどうしたらいいものなの?
57views

どうしよう!歯が欠けた時はいったいどうしたらいいものなの?

何かにぶつかってしまたり、虫歯が進行してなど突然歯が欠けた時皆さんはどうしたらいいか知っていますか?すぐに歯科にいけないときなどに役に立つ欠けてしまった歯の対処方法をいろいろとチェックしていきたいと思います!

ぶつけてしまい歯が欠けた時の正しい対処方法って?

欠けてしまった歯はいったいどうしたらいいのでしょうか?
前歯など何かにぶつけて欠けてしまったなんて話を聞いたりしませんか?

特に小さなお子様がいるようなご家庭では自分の子供じゃなくてもお友達の話などでそのような話を聞くこともあると思います。

欠けてしまった歯はいったいどうしたらいいのでしょうか?正しい対処方法をチェックしておき、いざという時に慌てないようにしていきましょう!

欠けた歯は大切に歯科医へもっていきましょう!

欠けてしまった歯はできる限り保管し、歯科医にかかる際は持参するようにしましょう。

形状や状態にもよりますが、歯科医で接着剤などでつけてもらえ、治療代も抑えることができるそうですよ!

欠けた歯は大切に保管を!

欠けてしまった歯をどのように持っていくと思いますか?

「水洗いなどしてティッシュなどに包む・・・」という人がほとんどではないでしょうか?

それは実はNGだったのです!

欠けてしまった歯が一番よくないのが”乾燥してしまうこと”なんだそうです。歯は乾燥することで劣化してしまう恐れがあるんだそうです。そこでオススメしたい保存方法が・・・

【「保存液」に入れて保存】が一番。これは残念ながらご家庭にはないものなのでちょっと現実的ではありませんが、学校などにはある場合があるのでもし学校で歯が欠けた場合は先生などに報告し、保存液があるかどうかを聞いてみるのもいいですね。

そして身近な”保存液”として活躍してくれるのが【牛乳】なんだそうですよ。

身近な”保存液”として活躍してくれるのが【牛乳】

できれば封の開けていない牛乳に入れるのが◎このとき歯は洗ったりせずそのまま牛乳の中に入れてもっていってください。牛乳なら身近にあるものですし、スーパーやコンビニなどにも売っているのですぐに手に入りとってもいいですよね!

近くに牛乳などがないという人は【口の中に入れる】という方法があります。

「え?!」と思う人も多いと思いますが、元々口の中にあったものなので、一番保存としては適していると考えられます。もし口の中の保管を実行する場合は間違って飲み込んでしまわないよう十分に注意をしてくださいね。

絶対に避けたい対処方法は?

自分で接着剤などを使ってつけるのは絶対にNG

Glue goo / Sam-Cat https://www.flickr.com/photos/samcatchesides/3326878608/

自分で接着剤などを使ってつけるのは絶対にNGです。

接着剤を歯にむやみにつけてしまうと接着剤の成分が歯に浸透してしまい、その欠けた歯での治療が出来なくなってしまいます。

もしつけてしまった場合はその接着面から削り取ってからの治療となり、治療時間や診療代も大幅にかかってしまうことが考えられます。ですので絶対にそれは避けるようにしてくださいね。

虫歯で歯が欠けてしまったときには?

この場合は一刻の猶予もないと考えてください。虫歯によって欠けてしまったところからさらに細菌が入りやすい状態になっていることが考えられます。さらなる虫歯の悪化を避けるためにもすぐに歯科医への受診をオススメします。

歯ぎしりで歯が欠けてしまったときには?

欠けてしまった歯はできる限り保管し、歯科医にかかる際は持参しましょう

歯ぎしりって自覚がないだけに気づくのが遅くなったりするんですよね。

歯ぎしりで歯がすり減ってしまったりしても歯が悪くなる原因の一つになります。

もし歯ぎしりが酷いなどがわかったときには歯科医に相談し、歯ぎしりの対処方法を知っておくほうがいいようですよ。(マウスピースなどをすることで歯ぎしりも軽減されるらしいですよ。)

早めの歯科医受診を!

やはり何と言っても歯科医に受診することが一番!もしお休みのときでも休日診療を行っているところもあるのでそういったところを利用することも考えてみてくださいね!

PR