うっクサッ!あなたの口臭、放置しがちなアレが原因かも!?
7,137views

うっクサッ!あなたの口臭、放置しがちなアレが原因かも!?

自分では気づきにくい嫌な口臭。あなたには治療済みを含め虫歯はありませんか?実はその口臭は、虫歯が臭いのかもしれません。虫歯が口臭の原因になる3つの原因と、みんなが見落としがちな口臭対策をまとめました。

日本人は虫歯が多く、口が臭いって本当?

自分ではなかなか気づきにくい口臭ですが、他人の臭いは気になります。
自分の口も臭っていないか気になりませんか。

臭いって言えない…
ところであなたは虫歯はありますか。
治療済みのものも含めると、日本人の9割以上は虫歯にかかったことがあるそうです。

また、30歳になると一人あたりの虫歯の数は10本を超えます。これは先進国の中では突出して多い数字です。
「日本人は歯が汚い」といわれているのはこんな数字にも表れているのですね。

さて、残念ながら虫歯のある人は口臭もある確率が非常に高いのです。
未治療で放置している腐った虫歯はもちろんですが…。
実はきちんと治療していても口臭の原因になっていることがあります。

✔当然クサい!?未治療の虫歯の臭い

口臭の原因は歯?

治療せず放置している虫歯は当然臭います。
歯髄まで進行したような虫歯は腐った刺激臭がします。

しかし、そこまで進行していないエナメル質や象牙質だけの虫歯でも自分では気づきにくいですがけっこうな口臭になります。
浅い虫歯であっても、臭いの原因となる虫歯菌が存在しています。
それだけではなく、虫歯の穴に溜まった歯垢は細菌の塊ですから、強烈な悪臭の原因になるのです。

忙しくて時間がなくても、最低でも虫歯は未治療で放置せず、全部治療しましょう。
臭いケアはビジネスマナーでもあります。

✔え、ショック!治療した虫歯も臭う?

虫歯は治療しましょう
それでは、きちんと治療を済ませて菌のなくなった虫歯が臭いことはないのでしょうか。
普通に考えると、きれいになった虫歯は臭わないはずなのですが、口臭の原因となってしまうこともありえます。
詰め物や差し歯などが浮いてしまうと、その間に歯垢がついたり菌が繁殖します。
虫歯の治療痕は定期的にチェックしてもらいましょう。

一度取れた詰め物や差し歯などを自分で戻すのも応急処置以外いけません。
きちんと付け直してもらったり場合によっては作り直してもらいましょう。

ブリッジを入れている人はブリッジの周りや下に付く歯垢に注意しましょう。
ブリッジの下を掃除する専用のデンタルフロスも市販されています。

部分入れ歯の人は入れ歯専用のブラシや洗浄剤を必ず使いましょう。
一般の歯ブラシや歯磨き粉を使うと傷が付いてかえって臭いの原因になることがあります。

磨いているのに?衛生が良くないのはどうして?

虫歯が臭いというよりも、虫歯がある人は結局口腔衛生が良くなく口が臭いということも考えられます。
口臭の原因の1位は歯周病といわれていますが、やはり虫歯がある、あった人は歯周病も持っていることがほとんどです。
歯周病の原因は虫歯同様、歯垢(プラーク)なのです。
また、虫歯を治していて、歯周病がなくても、歯垢や歯石自体細菌の塊ですからかなり臭うのです。

きちんと歯磨き
虫歯をきちんと治療したら、歯磨き指導も受けて、口腔のケアも丁寧にするようにしましょう。
歯が汚いといわれている日本人、実は歯を磨く回数は多いのですが、歯を磨く時間が短いそうです。
オフィスでもまめに歯を磨くOLさんが多いのですが、まめに磨く割に1分以内で終わらせてしまっています。

どうせ磨くなら時間を惜しまず、3分以上かけて丁寧にブラッシングや歯間ケアをするようにしましょう。
1日に5回磨くより、2回でも丁寧に時間をかけて歯垢を全て落とすように心がけることが大切です。

PR