外斜視は早期であれば治すことが出来ます。生後半年を過ぎたら眼科へ!
377views

外斜視は早期であれば治すことが出来ます。生後半年を過ぎたら眼科へ!

外斜視は眼球が外側に向いて見える状態で、目の見る方向がずれている状態のことを言います。放置しておくと、手遅れになってしまいます。外斜視から、弱視になることもあるため、目の手術と視力訓練を行い治療していきます。子供の外斜視に気がついたらすぐに病院へいきましょう。乳幼児健診で判明することもあります。

外斜視にも種類があります

外斜視とはどんな状態のことを指すのか?

斜視には種類があります

外斜視とは真っ直ぐに顔を向け、正面を見つめた時に、片方の目が正面を向いているのにも関わらず、もう片方の目が外側を向いている状態のことを言います。

外斜視には二つの種類があります

外斜視には二つの種類があります。恒常性のものと、間欠性のものとに分けることができます。恒常性とは、常に外斜視の状態が現れている状態のことを指します。間欠性とは、外斜視が出ているときと、出ていないときとがある状態です。恒常性のものは、生後一カ月より前に外斜視の状態が現れる傾向があります。目の機能に問題がある場合にも恒常性の外斜視に見えることもあります。間欠性のものの場合、片方の斜視がある目のみを閉じて、見る癖が出てくる傾向もあります。間欠性のものの場合、生まれてすぐは気がつかないことが多く、三歳ぐらいで目の片方が外側に向いていることに気が付くことが多いようです。

間欠性の場合、ぼんやりとしているときに現れやすい

斜視は自然治癒することも大人まで残ることもある

間欠性の場合、集中力がなく、ぼんやりとしているときに、斜視になりやすい傾向があります。間欠性の場合だと手術の必要がなく、成長とともに斜視が治っていくこともあります。真っ直ぐに見ている時間帯と、斜視になっている時間帯とがありますので、親はその様子をメモして記憶に残しておくと、病院を診察したときの重要資料となるでしょう。間欠性の場合、自然に治る子供もいれば、残念ながら大人になっても斜視が残ってしまう場合もあります。また成長とともに斜視の眼球がずれる位置がだんだん酷くなってしまうこともあります。

治療は個人の様子を見て、慎重に決めることが大切!

斜視の治療は早期発見をして慎重に

外斜視は早期発見をし、医師にすぐに相談することが大切です。しかし手術の時期については、慎重に選ばなければなりません。治療や手術は、できるだけ成功率をあげるために、手術件数の多い成功実績の高い眼科を選ぶ必要があります。

早期手術は、再発の可能性もあります

外斜視に気が付いて、早期に手術を行うと、再発する可能性が高くなってしまうことがあります。そのため、ある程度、身体が大きくなってから、手術を行うことも多いようです。幼稚園の年長さんぐらいから、小学校の低学年ぐらいで外斜視の手術を行う例も多く、手術をする時期は、医師とよく相談してから決めるとよいでしょう。

発見は早めに、治療時期は慎重に!

外斜視は発見は早めに、そして病院へ連れて行くことが一番です。目の訓練を行うことで、斜視が治ることもあります。適切な時期に適切な治療が行われないと、取り返しのつかない場合もあります。軽い斜視は生活上の問題がないため、手術の必要はないと判断される医師もいますが、やはり見た目の問題もあるため、できることならば手術で治しておくのがよいでしょう。

手術後に後戻りがある場合には、数回行われる場合も!

斜視の治療は手術になることもあります

外斜視の手術は一回で終わることもあれば、残念ながら後戻りしてしまう場合もあります。後戻りした場合も、数回手術が行われることもあります。後戻りする確率については、20パーセントほどだというデーターがあります。80パーセントが成功する可能性があるので、手術を行う価値は十分あると言えるでしょう。

PR