視力回復に効く栄養素をもつ食べ物とは?どんな食べ物に含まれる成分が目に対してどんな効果をもつの?
181views

視力回復に効く栄養素をもつ食べ物とは?どんな食べ物に含まれる成分が目に対してどんな効果をもつの?

現代人はスマホやPCの画面をよく見るからなのか近視や疲れ目の人が増えています。視力回復に効く栄養素としてよく聞く「アントシアニン」や「リコピン」などよく聞きますがそのほかにはどんな栄養素が「視力回復に効く」のでしょうか。調べてみました。

視力回復に効く食べ物の代表格…ブルーベリー

視力回復によい食べ物といえばブルーベリー

目が悪くなったり、疲れやすくなったりしたら摂るといいといわれる栄養素として最もよく知られるものは【アントシアニン】。

アントシアニンは、ポリフェノールの一種で抗酸化物質で目の健康のサポートをしてくれます。アントシアニンが含まれている食材として有名なのは、例えばブルーベリー。ブルーベリーの仲間の中でも野生種の「ビルベリー」にアントシアニンは多く含まれます。ほか、ブドウやナスなど、色の濃い青紫・黒・赤色の色素の色がアントシアニンです。

アントシアニンは視力にどう働きかけるのでしょうか?鍵を握るのは【ロドプシン】という成分。ロドプシンは光によって分解されることで視覚信号を伝えるタンパク質です。分解されたロドプシンは、短時間で再び合成され、目を使う限り何度も分解と再生を繰り返すことにより視覚から認識する事ができるのです。
とはいえ、日々目を酷使していると再合成の力が弱まります。これが視力の衰えや眼精疲労の原因に。このサイクルを促進する事で、眼精疲労を和らげ、視力回復を助けてくれるのです。

また、アントシアニンの効果は毛様体筋(目の焦点を調節する働きをする筋肉)の緊張を和らげ、一時的な近視を防いで継続的な近視になりにくくなるそうです。近視は1度なってしまうと元に戻すのは困難。そのため、まずは、近視にならない事が重要です。しかし、残念なことになってしまったらひどくなる前に対策することが大切です。

目の酸化ダメージを防いでくれる…ルテイン

にんじんに含まれているルテインも目に良い

ルテインは、カルテノイドの(野菜などの食品に含まれる色素の総称)1種です。人体に関していうと目の網膜のみに含まれています。 ルテインには、活性酸素を取り除く抗酸化作用により目の酸化ダメージを防ぐ効果があるそうです。ルテインは「ニンジン」や「ブロッコリー」などに含有量が高いことが知られています。いわゆる緑黄色野菜ですね。

視神経の働きを高めて視力の低下を防ぐ…ビタミンB群

ビタミンB群が目に重要なビタミンです。ビタミンB群が相互で作用して働きを高め合います。例えばビタミンB1は、視神経の働きを高めて視力の低下を防ぐ役割をしています。豚肉、玄米、うなぎなどに含まれています。ビタミンB2は網膜の働きを助けて視力回復にも役立ちます。
卵、納豆、牛乳、ほうれん草、レバーにも含まれています。B6は、水晶体の代謝と免疫機能を高め、また毛様体筋の主成分であるたんぱく質の吸収に不可欠な栄養素です。大豆やまぐろ、鶏肉、バナナ、にんにくに多く含まれます。

ビタミンEの約100倍の抗酸化作用を持つ…リコピン

リコピンを含むトマトも目に良い

リコピンはルテインと同じカルテノイドの1種でリコピンの持つ強い抗酸化力からいろいろな眼病予防ができると期待されています。抗酸化作用による視機能の改善やルテインとの相互作用でより効果的に作用してくれます。リコピンはトマトのほか、すいか、ピンクグレープフルーツなど赤みのある食物によく含まれています。

目の細胞の新陳代謝に関連…β-カロテン

にんじんやパセリ、ほうれん草などに多く含まれ、体内でビタミンAに変化するため、カルテノイドの中でも早くから注目されてきた栄養素で、目の細胞や粘膜の新陳代謝を保つ効果があります。

・・・ちまたで、視力回復にいいと言われている栄養素をまとめてみました。
「この食べ物がいい!」ということで同じ物ばかり食べずにいろいろなモノから栄養を摂る事が大切ですよ。

PR