ものもらいの一種!癌に似ているってホント!?霰粒腫の原因・治療法・対策法についてのまとめ!
1,716views

ものもらいの一種!癌に似ているってホント!?霰粒腫の原因・治療法・対策法についてのまとめ!

性別年齢関係なくなりうるものもらいの一種である霰粒腫の原因や実際に行われている治療法、ならないための対策方法についてまとめてみました!霰粒腫は一般的なものもらいと違うところもあるので、病院に行くタイミングを逃してしまいがちです。まずは霰粒腫について知るところから始めてみるのはいかがですか?

霰粒腫の原因を知る前にそもそも霰粒腫って何のこと?

ものもらいには2種類ある!麦粒腫と霰粒腫!

ものもらいには2種類ある

比較的身近な目の病気の一つにものもらいがあります。ものもらいには2種類あって、1つが麦粒腫、もう1つが霰粒腫です。一般的に私たちがものもらいと言っているのは麦粒腫の方です。麦粒腫は黄色ブドウ球菌という細菌に感染することによっておきるもので、炎症が起き、腫れるといった皆さんが想像する通りのものもらいの症状が現れます。では、霰粒腫はどのような症状が現れるのでしょうか?

霰粒腫は、目にあるマイボーム腺に脂肪が詰まることによって引き起こされます。マイボーム腺というのは、まぶたの深部にある脂を分泌する腺のことです。何らかの原因によってこの腺に脂が詰まってしまうと、溜まった脂が腺を広げ、炎症を起こします。このことによって脂の周りにイボのようなものができます。この瞼がイボのように腫れた状態のことを霰粒腫と言います。

霰粒腫の原因はわからない?治療方法は??

霰粒腫の根本的な原因は無いらしい・・・

瞼に腫れや異物感を感じたら病院へいこう

霰粒腫の原因となる脂が詰まってしまうことに関しての原因はなく、このつまりが偶発的に起こるものだと言われています。そのため、いつどこでも誰でもなる可能性があるということです。原因はわかりませんが、眼科に行けば適切な治療を行ってくれます。
霰粒腫になると瞼が腫れ異物感を感じます。瞼の中にできたイボ状のものが小さい場合には、自然に体に吸収されることがあります。大きい場合は、副腎皮質ステロイド薬という薬をイボに注射したり、場合によっては手術で取り出すという治療もおこなわれます。麦粒腫と異なり細菌によるものではないので目薬などの治療法は効果はあまり期待できないとされています。

霰粒腫になってしまったらどうしたら良いの!?

目にコリコリとした異物感を感じたら注意!

麦粒腫の場合、痛みが伴うので気が付きやすく、病院にもすぐに行くことが多いと思います。しかし、霰粒腫の場合、痛みも特になく炎症も少ないため、病院に行くタイミング自体が遅くなりがちです。目に異物感やコリコリしたものがふれているなと感じたらすぐに病院に行くようにしましょう。
霰粒腫のイボはとにかく痛みがないことがほとんどです。イボのようなものができていても痛みが無いので放っておく方が非常に多いです。しかし、長い時間放っておくとどんどん大きくなっていく場合があるので要注意です。霰粒腫のイボはもしかすると悪性腫瘍、ガンの可能性もあるので早めの受診にこしたことはありません。特に高齢の方はすぐに治療を受けるようにしましょう。

霰粒腫にならないために普段からできる対策法はある?

原因が不明なら予防もできない・・なんて大間違い!!

女性はものもらいにならない様にアイメイクのときには注意しましょう

霰粒腫の根本的な原因は分かってはいませんが、マイボーム腺を詰まりにくくするための対策ならできますよ!今日からすぐに始められるものをご紹介します!
目の周りはとにかく清潔に保つことが大切です。汚い手で目の周りをうかつに触ったり、こすったりしないようにしたり、髪の毛が目に入らないようにすることも大切です。また、コンタクトレンズを普段使用している方は、コンタクトが汚れないように注意しましょう。女性の方は化粧にも注意が必要です。アイラインやアイシャドウ、ファンデーションなどが目の中に入らないようにしましょう。

PR