飛蚊症は治る?飛蚊症とはどんな病気?飛蚊症の治療法、予防法などについて
105views

飛蚊症は治る?飛蚊症とはどんな病気?飛蚊症の治療法、予防法などについて

加齢と共に自分の視界にあるはずもない小さな虫のようなものが飛んでいるように見える飛蚊症。もともと、ある一定の年齢にすすむと飛蚊症にかかる人はいましたが、最近ではスマホのやりすぎなどで、その年齢が若年化しつつあるとも言われています。飛蚊症は治るのでしょうか?その原因や対策、予防策についてまとめました。

飛蚊症とはどういう病気?

飛蚊症とはどういう病気?

あるとき、視界にあるはずものない小さな虫のようなものが見えるようになるのが飛蚊症といいます。

もちろん、目が原因ですから、場所を移動しても、視野を変えてもその目に見えるものがなくなるということはありません。年齢が重なれば、その分、発症している人も多くなっていますが、最近は、パソコンやスマホなどで目を駆使してしまっているために、飛蚊症の発症する年齢が下がってきているともいわれています。

飛蚊症とは、何が原因で治療法はあるのでしょうか?

飛蚊症になる原因は?

飛蚊症になる原因は?

飛蚊症とは、主に2つの原因があります。

ひとつは、簡単にいうと、目の中にしわのようなものができてしまい、そのしわによって、視界に虫のようなものが見えてしまうことです。しわといえば、想像がつくと思いますが、もともとは存在しなかったしわは加齢とともにできてしまうのです。

もうひとつは、目を打撲してしまうなどの目に与えられた衝撃によって、そのようなしわができてしまうことです。

飛蚊症は治るの?

眼科に行って、飛蚊症は治るのかとたずねても、加齢なので上手に付き合っていくしかありませんといわれるケースがほとんどです。

実際に、飛蚊症のきちんとした原因は解明されておらず、たとえ、その原因が漠然とわかっていたとしても、手術することは大変リスクがあるからなのです。あまりに、生活に支障があるような飛蚊症の場合には、硝子体を取り除くような手術をするケースもあるようです。

ただし、これをすることによってきちんと飛蚊症が完治するとも保障できず、さらには失明や網膜はく離のようなリスクがあります。ですから、残念ながら、飛蚊症を完治させるための具体的な治療方法がないのがほとんどです。

飛蚊症を改善させるためには?

飛蚊症を改善させるためには?

完治はできないかもしれませんが、この症状を改善することはできるかもしれません。

ひとつは、レーザー治療です。いくつかのレーザー治療を行っている医療機関では、目の中にある硝子体のしわや隙間を分散させて、視界に入ってくる虫のようなものを小さくさせる、取り除くことが可能である場合もあります。

また、しわができているのですから、このしわを取り除くために、サプリメントなどで細胞から改善していく方法もあります。ただし、サプリメントや食事で改善する方法は、100%の改善の見込みがあるわけではないために、トライしてみるというようなスタンスのほうがよいかもしれません。

飛蚊症とは、予防しながら上手に付き合っていこう

加齢と共に出てきてしまうしわやたるみがあるように、飛蚊症の原因となる硝子体のしわ(のようなもの)とも上手に使っていくことた大切です。視界に見える虫のようなものも、ある一定の時間を経つと、多くの人がその虫のようなものにもなれてくるそうです。

無理に治療してリスクを負うのではなく、飛蚊症にならないために、しわの原因となる活性酸素を生み出す食べものをできる限り摂取しないようし、抗酸化作用の高いビタミンCなどが多く含まれている食べ物をできるだけとるように心がけることで、飛蚊症を未然に防ぐ、あるいは進行を遅らせることができます。

PR