子供の弱視の原因は?改善のためにはどうすればいい?!
35views

子供の弱視の原因は?改善のためにはどうすればいい?!

子供の弱視は放置すると悪化するばかりです。弱視はメガネをかけるだけで改善することは稀です。毎日の視力トレーニングを欠かさずに行うことが大切です。適切な見方が身につくと脳の発達にも効果があると言われています。早期の改善のためには子供と楽しくトレーニングをすることが効果的です。

子供の弱視は気がつきにくい

子供の弱視は気がつきにくい

弱視とは単に目の悪いことを指すのではありません。

裸眼視力が悪くても矯正視力で1.0あれば、弱視ではありません。弱視の場合には矯正視力でも0.1未満であることをいいます。とくに子供の弱視は8歳になるまでに診断されます。多くの場合には3歳児眼科検診でわかることも多いようです。

子どもの場合には見えが悪くても、目を細めて見るなどの目が悪いということを訴えることがないため、一緒に暮らしている家族であっても子供の弱視に気がつくことはほとんどありません。

また、弱視も両目でなく、片方の目である場合にはより気がつきにくくなります。しかし、その状態を放置するとますます左右の目の視力の差がつき、改善が難しくなると言われています。

そのため3歳児検診などで弱視で見つかることは不幸中の幸いです。なぜなら、この時期に見つかり、適切な対処をした場合に学齢期になるまでに弱視が改善するケースが多いからです。

ただ、小学生になってからでも適切なメガネの使用やトレーニングによって弱視は改善することがわかっています。大切なことは諦めずに毎日トレーニングを行うことです。

弱視の原因は遺伝?環境?

弱視の原因は遺伝?環境?

一般的に暗い場所で本やテレビを見るなどで悪くなると言われている視力ですが、子供のうちから弱視になってしまう原因にはどのようなことがあるのでしょうか?

一つには遺伝的なものが考えられます。両親のどちらかが目の悪い場合には視力の悪い子供になる可能性が高くなるからです。その他には子供の環境も影響します。視力は様々な形や色、距離のものを見ることで発達します。

しかし、都会の生活ではこの距離的な幅が圧倒的に狭いため、視力の発達が悪くなることが考えられます。そのため小さいうちの外出では遠くが見通せる場所、見晴らしが良い場所で一緒に遠くを見る、ということを意識して行うことも有効です。

最初はぼんやりと見ている子供でもやがて遠くの物と近くのものを識別できるようになります。また、このような視覚や視力の獲得は脳の発達にも影響を与えると言われています。

部屋の中でばかり過ごしたり、近くのものばかりを見て過ごす癖や習慣が小さな頃からついてしまうと、その後に修正することが難しくなります。

弱視の症状は本当にわずか

弱視の症状は本当にわずか

子供の弱視は両親であっても気がつくことができないと言われています。

しかし、弱視の子供は集中力がかけていたり、落ち着きがない場合、あるいは周囲のものに関心を示さない場合など特徴的な症状を見せる場合もあります。

ただし、このような症状はほとんどわずかなサインであり、また同じ月齢の子たちと一緒にいないと見過ごす程度の差です。そのため、最初に子供の弱視に気がつくのは両親以外の幼稚園の先生や病院の医師であること言われています。

子供が弱視であるとわかったら

子供が弱視であるとわかったら

もしもお子さんが弱視と言われても、落ち着いて対処することが大切です。

両親のどちらかでも子供の弱視を悲観したり、非難するような態度は子供の自尊心を傷つけたり、弱視の改善の妨げになります。弱視の改善のためにメガネを着用することもあると思いますが、メガネの着用についても、否定的な言葉をかけないように注意しましょう。

かといって、過度にメガネを褒め称える必要もありません。専用のメガネをかけているだけで、大きくなれば自動的に良くなる、と思うのは大きな間違いです。

目を正しく使うことを小さなうちに身につけて改善できないと、大きくなってから自動車免許などが取得できない可能性もあります。また弱視や極端な目の悪さは将来の職業選択の幅を狭めてしまうことにもなります。

しかし、弱視はトレーニングによって改善することができます。ただ、適切なトレーニングを行わないと弱視のままである可能性もあります。面倒がらずに1日1時間から2時間のトレーニングをお子さんと一緒になって楽しく行うことが早期の改善につながります。

弱視であることがわかったら早めに、適切な対処法を知り、毎日のトレーニングを欠かさず行うようにしましょう。

PR