急に視力が落ちるのは目を酷使しているせい?それとも隠れた病気のせい?
42views

急に視力が落ちるのは目を酷使しているせい?それとも隠れた病気のせい?

急に視力が落ちる原因には、いろいろなものが考えられます。仕事などで長時間パソコン作業を行っていると、眼球疲労のせいで一時的に視力低下を招くこともあります。またなんらかの病気が原因で視力低下が起こる場合もあります。急に視力が落ちる場合は、眼科を受診するようにしましょう。

急に視力が落ちる原因として考えられるもの

急に視力が落ちるのは目を酷使したせい?

急に視力が落ちるのは目を酷使したせい?

急に視力が落ちる場合には、さまざまな原因が考えられます。

よくある原因の一つとして挙げられるのが、目を酷使したことがあげられるでしょう。仕事などで長時間、パソコンの画面を見続けていると、眼球疲労になり、目の前がぼやけたり、霞んで見えにくくなってしまうこともあります。

また近い所だけを長時間見続けると、遠くにあるものがぼやけて見えてしまいます。近い所を長時間見続けると、目の筋肉が疲労するため、一時的に視力が落ちる場合もあります。

また目に力を入れた状態で近い所を見続けていると、屈折異常が起こるため、眼球の形が変形するため、乱視になってしまう場合もあります。

パソコン作業を毎日長時間行っている方は、一時間に一度、遠くを見るようにして目の筋肉を休ませてあげる必要があります。

またパソコン以外にも長時間、スマホの画面を見続けていたり、ゲームなどに没頭してしまうと、急に視力が落ちる原因となるので、注意が必要です。

姿勢が悪いと乱視になりやすくなります

姿勢が悪いと乱視になりやすくなります

姿勢が悪いことと視力の低下は関係がないように思えますが、猫背になったまま対象物を真っ直ぐな状態で見ないことによって、目の水晶体にも影響が出てきます。水晶体を歪ませて長時間、物を見続けると偏った力が加わるため、乱視になり、視力が低下しやすくなります。

乱視にならないように普段から姿勢を正すようにしましょう。

病気の可能性も考えられます

中高年の方は要注意!

中高年の方は要注意!

急に視力が落ちる原因として、目の病気が影響している場合もあります。

中高年をすぎると、さまざまな目の病気にかかりやすくなるので注意が必要です。白内障や、緑内障、網膜剥離、水晶体偏位、硝子体出血などが原因で視力が急に低下するケースもあります。

必ず眼科を受診しましょう。放置しておくと失明の危険性もあります。

どんな症状であれ眼科は受診しましょう

視力低下に気がついたら、どんな場合であれ、必ず眼科を受診するようにしましょう。

視力低下を放置しておけば、視力がどんどん悪くなってしまうこともあります。またなんらかの病気があれば、早期に治療することによって回復も早まります。

急な視力低下を予防するためには

長時間見続けないこと

長時間見続けないこと

急な視力低下を予防するためには、長時間近いものを見続けないことが大切です。

パソコン作業を行う時には、適度に休憩を取り、遠くの景色を見てピントを緩めてあげることも大切です。

またパソコン作業中はブルーライトをカットしてくれる専用のメガネをかけて作業を行うようにしましょう。

ドライアイにも注意しましょう

ドライアイにも注意しましょう

瞬きをせずに長時間パソコンの画面を見ているとドライアイになりやすくなります。

目が渇くばかりか、視力の低下にもつながります。目薬をさしたり、パソコンの画面を目の位置よりも下にずらすようにすると、瞬きの回数を増やすことができます。

目によい食べ物を食べよう

目によい食べ物を食べよう

うなぎや緑黄野菜にはビタミンAが含まれています。

またホウレンソウやケールにはルテインという成分が含まれています。イワシやマグロにはDHAが含まれています。これらの食品を食べると、視力アップに効果があります。

PR