日帰り手術も可能?!視界が濁るのは白内障は若い人でも発症する!
197views

日帰り手術も可能?!視界が濁るのは白内障は若い人でも発症する!

視界が濁るという症状がある白内障は初期の段階では近視のような見えにくさを感じます。しかし、やがて視界に白い濁りが見えるようになりますが、このようになると症状はかなり進行しています。治療は点眼薬と手術で行うことが多く、最近では日帰りでの手術も可能です。心身の負担も経済的負担も少なくて済みます。

視界が濁るのは白内障?

視界が濁るのは白内障?

白内障とは目の水晶体というレンズのような働きをしている部分が白く濁る病気です。高齢者に多い病気とされていますが、最近では40代でもなる人が増えているといわれています。

また、加齢の他、アトピーや糖尿病、放射線による影響で白内障を発症する人もいます。白内障では視野が濁っているくるという症状が有名ですが、白内障で視野が白く濁るのは症状がかなり進行してからです。

白内障の初期は近眼と似ている

白内障の初期は近眼と似ている

白内障の初期にはこれといって特徴的な症状がありません。

しかし、徐々に進行することで目がかすんだり、視界がぼやけるなど見えが悪くなったと感じることがあります。また、物が2重、3重に見えたり、屋外で光がまぶしいと感じることが増えるようになります。

夜間ではとくに遠くが見えにくくなったり、目が疲れやすくなることから近視が進んだように感じることが多いようです。しかし、実際は視力自体はそれほど変化しておらず、光を余計に感じてしまうために光刺激に敏感になっているのです。

老人性の白内障はゆっくりと進行する

老人性の白内障はゆっくりと進行する

加齢による白内障は水晶体のタンパク質が白く濁ったり、硬くなるために起こります。

視界の外側から徐々に見えにくくなり、やがて中心部にまで白い濁りが見えるようになります。このような進行では視力の著しい低下が見られないため、不快な感じはあっても日常生活に強く困るということがありません。

周辺視野や狭くなるために転倒や物にぶつかりやすくなったり、外出して知人をすぐに見つけられないなど認知が遅くなることがあり、そのために痴呆を疑われることがありますが、見えにくいだけで痴呆との関係はありません。

若年性の白内障は進行が早い

若年性の白内障は進行が早い

一方、アトピー性、あるいは糖尿病による白内障の場合には比較的若く発症し、さらに進行も早く、発症してすぐに水晶体の中心部には白い濁りが見えるようになります。そのため、日常生活を送るうえで大きなストレスになったり、不便を感じるようになります。

失明感の恐怖から早めに眼科を受診する人が多いため、重症化するまで放置されることはまずありません。ただし、中心部のかなりの部分まで濁ってから受診すると、改善に時間がかかることも多いようです。

白内障の治療

点眼薬での治療

点眼薬での治療

白内障は放置していては治らないため、なんらかの治療が必要になります。白内障の治療では手術が一般的と思われるていますが、実は老人性の白内障では点眼薬でも十分に進行を遅らせることができます。老人性の場合では点眼薬を継続的にさすことで日常生活に支障のない程度にする症状を食い止めることが可能です。

手術での治療

手術での治療

しかし、若年性の白内障の場合には進行も早く、また点眼薬での改善では限界があるため手術による治療が行われます。初期に手術をすることで比較的早く治り、また日帰りでの手術も可能であるため、心身への負担も経済的負担も少なくて済みます。

進行してから手術では入院の必要があったり、手術の時間もかかるものになることがあります。そのため、目の異常を感じた場合には早めに眼科に行って、原因を突き止めることが大切です。

目の違和感を感じたら早めに眼科受診を

とくに白内障では自覚症状が少しであっても、検査によってすぐに白内障であることがわかるため、見落としなど心配はありません。早期発見が早期完治につながるのです。

PR